« イースタンリーグ ヤクルト対横浜(9/24) | トップページ | トップイースト2部ヤクルト対ブルーシャークス »

プロアマ交流戦 ヤクルト対三菱重工神戸(9/25)

2011.9.25(日) 12時 戸田
M 000013011 6
S 10000000  1
(15時で打切りの特別ルールにより、9回表で終了)

今年最後の戸田での試合(だと思う)。
特別ルールで3時までで試合打切り。隣のグランドでラグビーの試合が3時からあるせい?と、最初は思ったけど(1塁側へのファールボールがグランドに飛び込むことが時々あるし)、どうも、試合後にジュニアの練習が入っていたぽい。多分、そっちが理由なんだろう。

立上がりはヤクルトが、プロの貫禄っぽさを見せたんだけど。初回にいきなり山田と川崎が連打でチャンスを作り、荒木の内野ゴロで山田が還って先制。投げては先発の八木が、変化球の制球に苦しんで、ボールを先行させながら、ストレート勝負では圧倒して、4回までノーヒットに押さえ込んだ。でも5回に、先頭を四球で出して、犠打で進められた後、水江に左中間へタイムリーツーベースを打たれて失点。これが三菱の初ヒットで、八木が打たれた唯一のヒットだったんだが、これで同点。この回で八木は退いた。
同点というのは、打線が初回以降は、三菱先発の安井をまるで打てなくなったせいだ。安井は落ち着いて来ると、緩急を使ったピッチングがはまり始めて、凡打・三振の山。そんなに凄い球があるようには見えなかったんだけど、組立がうまいというか。6回まで結局、初回の1点しか取れなかった。
6回から八木に代わって登板したのがフェルナンデスだったが、これがヒドい出来。球は走ってないし、ストライクは取れないし、昔に戻ったみたいだった。四球3つに3安打で3失点。よく3点で済んだ。取ったアウトは犠打と、捕手がこぼしたのを見て飛び出したランナーがアウトになったのと、盗塁死だから、まともに取ったアウトがひとつもない(^^;。
7回から上野に代わって、この回は四球は出したが無難に捌いたんだが、8回先頭打者のピッチャー返しの打球を右手に当てて降板。かなり強い打球だったので、ちょっと心配。緊急登板したのは高市だったが、緊急だったから同情の余地はあるかも知れないが、これがまた、2安打打たれて1失点。9回も続投したが、死球の後、ヒット2本でまた失点。ここで時間切れで、9回表が終った所で試合終了。打線は7回から登板した2番手の守安も崩せず無得点。1-6のかなりなさけない敗戦。多分、9回裏があっても、スコアは変わらなかったと思うな。
20110925board1
まあ、去年も同じ時期に群馬ダイヤモンドペガサスに0-4の完封負けしてるから、そんなに驚きもしないが…。社会人野球って、強いねえ。こちらのメンバーは確かに、チーム内で一番底辺クラスの陣容ではあるけれど、たとえば昨日に比べて、極端に低いメンバーかというと、それほどでもないわけで。
八木は好投の部類だけど、相手が相手だからな、と思ってたが、後続のピッチャーのていたらくを考えると、やっぱり好投と思っていいのかも知れない。それにしても、フェルや上野はともかく、こんなピッチングしてたら、高市はまずいんじゃないのかね。8回はともかく、9回は。
20110925kyujo
ちなみに、スコアボードの「M」(三菱)はマリーンズの流用だったと思われる。
ユニが黒くてロッテぽかったから、ちょうどよかったかも。よく知らん人間が見たら、スコアも含めて勘違いしたかも知れない。そうだったら良かったのに、と、スワローズサイドも思ってるかもしれないが(^^;

|

« イースタンリーグ ヤクルト対横浜(9/24) | トップページ | トップイースト2部ヤクルト対ブルーシャークス »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/52881024

この記事へのトラックバック一覧です: プロアマ交流戦 ヤクルト対三菱重工神戸(9/25):

« イースタンリーグ ヤクルト対横浜(9/24) | トップページ | トップイースト2部ヤクルト対ブルーシャークス »