« セリーグ ヤクルト対広島(9/1) | トップページ | ラグビーW杯 日本対フランス »

セリーグ ヤクルト対巨人(9/3)

2011.9.3(土) 18時 神宮
G 000020041 7
S 01410022X 10
[勝]由規 [敗]東野
[H]S:川端(東野)

台風の影響を気にしながらの観戦。
20110903kyujo
ヨシノリと東野の先発。ヨシノリは快調な立ち上がりで、4回まで巨人に2塁を踏ませないピッチング。一方、東野はヘタレ気味だった。2回2死後、飯原が四球で出て、相川がヒットでつなぐ。ここでヨシノリがライト前へ運んで1点先制。決して打撃がいいとは言えないヨシノリがタイムリー(^^;。さらに3回は、先頭のヒロヤスが四球で出て、続く川端がライトへツーラン。畠山が四球を選んだ所で東野は星野に交代。その星野から飯原と相川が連続タイムリーツーベース。4回には先頭の青木が星野に右手にぶつけられて退場するが(骨には異常なく、打撲で済んだらしいのは何より)、その死球の代走で出た三輪が、バントと川端のタイムリーで還って6-0。楽勝ペースな感じになったんだが…。
5回表にヨシノリが3安打で2点を失う。6回はきっちり抑えたが、7回もいきなり連打で無死1-2塁。後続を断って、ここは無失点で切り抜けたが、ちょっと不安定な感じ。その裏に相川のタイムリーで2点追加したが、ヨシノリの所でホワイトセルを代打に出したのは、その関係だったのかな。ところがホワイトセルの打席中に、激しい雨が降り始め、試合は中断。
20110903ame
20分くらいして雨がおさまって再開。追加点はなく、8回表にバーネットが登板。でも、このバーネットの出来が悪い。いきなり長野にホームランを食らった後、3安打でさらに2失点して、2死1塁で降板。松岡がリリーフに出たが、こっちもひどい。四球とヒットでさらに1点追加され、1死も取れないまま久古に交代。久古が亀井を遊飛(これもちょっと危ない当りだったが)に打ち取ってなんとか8-6で止める。
8回裏は高木に対して、ヒロヤスがヒットで出て、畠山のタイムリーで1点追加。さらに武内のホームランでもう1点。4点差にして9回表は林昌勇だったけど、林は今日も出来が悪く、2死はすんなり取ったけど、その後、3連打を食らって1失点。古城を三振に取って、なんとか逃げ切ったものの…。古城の打席では、また強い雨が降り始めるし、なんかバタバタで、勝った割には後味の悪い試合になった。まあ、バーネットもマツケンも、ダメな時はダメなのが分かってるピッチャーだし、林が今年はこんなもんなのも、折り込み済みかもな、とは思うんだが、先々、不安だな。
20110903board
とはいえ、ここんとこ、懸案は投手陣よりは打線だったわけで、これだけ点の取れる試合が出来たということは、復調の兆しと考えていいのかも知れない。正直、飯原や武内の起用はバクチじゃないかなと思ってるが、今日は明らかに起用が成功していた(武内は守備でも大きいファインプレーがひとつあったっけ)。優勝するためのラッキーボーイが出るとすれば、雰囲気的には飯原じゃないかなと思っているので、基本的にはあんまり期待してないんだけど(^^;、飯原が活躍するのは、いい兆しじゃないかなと思ったりしてる。

それにしても、今日の試合を見ていると、巨人もうちに負けず劣らず、出すピッチャーが次々ボロボロ失点するし、打率も長野以外は軒並み低いし、大変だね、という感じだったな。うちがこの先、ヘマをして、優勝し損なう可能性は充分あると思ってるが、その時でも、巨人だけはないんじゃないかな、という気がした試合だった。

相川大活躍だったが、骨折は大丈夫なんだろうか。
国立の嵐の花火は華やかだったな。その間は、1塁側スタンドは誰も試合を見てなかった感じ(^^;。

|

« セリーグ ヤクルト対広島(9/1) | トップページ | ラグビーW杯 日本対フランス »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/52643251

この記事へのトラックバック一覧です: セリーグ ヤクルト対巨人(9/3):

« セリーグ ヤクルト対広島(9/1) | トップページ | ラグビーW杯 日本対フランス »