« 感想「硝子の暗殺者」 | トップページ | クライマックスSヤクルト対巨人(10/29) »

セリーグ ヤクルト対広島(10/25)

2011.10.25(火) 18時 神宮
C 000001000  1
S 000000002X 2
[勝]押本 [敗]前田健

久々の神宮。リーグ戦最終戦。
20111025kyujo
広島にとってはただの消化試合だが、うちにとってはプレーオフ前の最後の試合で、重要な調整試合のはずだから、モチベーションも高いはず…。
と思ったんだけど、相変わらずの貧打。モチベーションどうこうというより、これが現実と考えるべきなんだろうなあ。ピッチャーに有利な風が吹いてた影響もあったのかもしれないけど、前田健太を全く打てない。外野への打球すらほとんどなく、延々ノーヒット。
投手は試合間隔が開きすぎた調整だったんだろうけど、先発の赤川が2回まで投げた後は、毎回交代する豪華リレーで、こちらも広島打線をほぼ抑えていた。けれども、6回に出てきた故障明けのバーネットが東出のヒットをとっかかりに失点。プレーオフに向けて、不安材料…。まあ、どうせ終盤戦は居なかったピッチャーと割り切ればいいのかもしらんけど。元々、不安定なピッチャーだし、いい時はいいピッチングするわけだから。
7回、引退試合の弘寿が登板し、松本が三球三振で付き合ってくれた。
後を受けた増渕も、いきなりストレートの四球で、オイオイという感じだったが、その後は悪くなかったかな。8回まで投げて、9回は押本が抑えて、0対1、マエケンのノーヒットノーラン状態で9回裏…(^^;)
9回裏は、先頭のホワイトセル見送り三振。しかし続く藤本はレフト線へツーベース! ずっと期待外れだった藤本が、こんな所で、でかいことを…(^^;)。まあ、そういうものなんだろうな。
あとは気落ちした?マエケンから、上田がヒット、ヒロヤスが四球で1死満塁。ノーヒットノーラン見損ねた以上は、試合後のセレモニーもあることだし、劇的に試合をとっとと終らせる、このままサヨナラが希望だった。畠山の内野ゴロで1点入ったが、同点で延長はいやだなあと思ってたら、続く代打福地がレフト前でけりを付けてくれたよ(^O^)。
20111025board
でも、最高の終わり方、なのかなあ(^^;)
今日の試合は、調整試合と考えると、勝敗よりは内容が重要だったはずで、そこで(相手がマエケンだったにしても)、この貧打はちょっと…。でもまあ、もう開き直るしかないよな。少なくとも雰囲気だけは良くなったはずだから、それを持って、プレーオフに向かえるわけだし。ノーヒットノーラン食らわなくて良かったと思うべきだろう。そんなことになってたら、意気消沈して、お先真っ暗だったに違いない(^^;)

しかし、やっぱりスワローズは福地がラッキーボーイだったのかなあ。戻って来るのが遅すぎたか。それとも、プレーオフでの活躍は、期待していいのか?
20111025seremo

|

« 感想「硝子の暗殺者」 | トップページ | クライマックスSヤクルト対巨人(10/29) »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/53091609

この記事へのトラックバック一覧です: セリーグ ヤクルト対広島(10/25):

« 感想「硝子の暗殺者」 | トップページ | クライマックスSヤクルト対巨人(10/29) »