« トップイースト2部ヤクルト対明治安田生命 | トップページ | ナビスコ杯準決勝 名古屋対鹿島 »

セリーグ ヤクルト対広島(10/9)

2011.10.9(日) 18時 神宮
C 102000000  3
S 000020011X 4
[勝]林昌勇 [敗]今村

3日連続神宮。3日間で一番お客さんが入ってたんじゃないだろうか。いい雰囲気だった。

しかし試合内容は…。予想の範囲内とはいえ、先発の山本斉はダメダメ。いきなり先頭の赤松に死球で、盗塁犠打で三塁へ進み、バーデンの内野ゴロで先制される。2回も先頭の廣瀬に死球。この回は凌いだが、3回もヒットと死球で無死1-2塁。栗原ゲッツーで何とかと思ったが、四球二つで満塁にして、松本に2点タイムリーを浴びる。0対3。松井光介が後続を断ったが、また昨日と同じような展開。
打線はバリントンを全く打てず、4回までノーヒットだったが、5回先頭の慎也(今日肺炎から復帰)が初ヒット。ヒロヤス相川が連打で続いて無死満塁。そこで代打ユウイチは内野ゴロ…でも1点入った。続く青木も内野ゴロ…でも1点入った。続く上田がライト線へかっ飛ばしたが、一塁から一気に本塁を突いた青木はタッチアウトで同点には出来ず。
それでも3回途中からの松井光介、6回から登板の松岡、8回の押本と、投手陣が踏ん張って、広島に追加点を許さない。
8回裏先頭は代打福地。正直、期待度は打率(1割台)並みに低かったんだが、前目に守ってたセンターの頭上を超える当たりでスリーベース! 青木がきっちりタイムリーで返して、遂に同点。上田が送って逆転の態勢を作ったが…川端とバレンティンが不発。
しかし、今日の9回表は林昌勇がきっちり締めて9回裏。先頭の森岡が倒れた後、ヒロヤスがセンター前。相川が送って、2死2塁としたが、バッターは福地。さっき打っただけに、期待値は低く…。しかし今度も、前目に守ってたライトの頭上を超える当たり。ヒロヤスが返ってサヨナラ!びっくりだよ&大感激 (^O^)。
20101009board
まさか福地にあんな当たりが2本も出るとは。ある意味、広島もそう思っていたから、ああいう守備だったわけで。これをラッキーボーイと呼ばずして…(ボーイにしちゃ、トシを食ってるが(^^;))。ついにそういう選手が現れたのかな? 吉兆かな?

実際の所、試合内容自体は相変わらず低調で、先の見通しは全然明るくないが、とにかく0.5ゲームの僅差で中日との4連戦に臨めることになったのは間違いない。気力で何とか、なるもんでもないとは思うが(^^;)、でも頑張って欲しい。首位で金曜に神宮へ帰ってきて欲しいよ。
20101009fukuchi


|

« トップイースト2部ヤクルト対明治安田生命 | トップページ | ナビスコ杯準決勝 名古屋対鹿島 »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/52960661

この記事へのトラックバック一覧です: セリーグ ヤクルト対広島(10/9):

« トップイースト2部ヤクルト対明治安田生命 | トップページ | ナビスコ杯準決勝 名古屋対鹿島 »