« 感想「量子力学の奇妙なところが思ったほど奇妙でないわけ」 | トップページ | J1リーグ第30節大宮対名古屋 »

ジャック・カーリイ

カーソン・ライダーものリスト(邦訳は全て文春文庫)

「百番目の男」  The Hundredth Man (2004)
「デス・コレクターズ」  The Death Collectors (2005)
「毒蛇の園」  A Garden of Vipers (別題 The Broken Souls) (2006)
「ブラッド・ブラザー」 Blood Brother (2008)
「イン・ザ・ブラッド」 In the Blood (2009)
Little Girls Lost (2009) 
「髑髏の檻」 Buried Alive (2010) 
Her Last Scream (2011)
「キリング・ゲーム」 The Killing Game (2013)
The Death Box (2013)
The Memory Killer (2014)
The Apostle (2014)
The Death File (2017)

オフィシャルサイト 

|

« 感想「量子力学の奇妙なところが思ったほど奇妙でないわけ」 | トップページ | J1リーグ第30節大宮対名古屋 »

「小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/53009607

この記事へのトラックバック一覧です: ジャック・カーリイ:

« 感想「量子力学の奇妙なところが思ったほど奇妙でないわけ」 | トップページ | J1リーグ第30節大宮対名古屋 »