« 感想「ブラッド・ブラザー」 | トップページ | ジャック・カーリイ »

感想「量子力学の奇妙なところが思ったほど奇妙でないわけ」

「量子力学の奇妙なところが思ったほど奇妙でないわけ」 デヴィッド・リンドリー 青土社
量子力学というのが、どうもピンと来てないが、こういうタイトルの本を見掛けて、中をちょっと覗いたら何となく分かりそうなことが書いてあったんで、読んでみる気になっちゃった。
結論から言うと、結局よく分からなかった。というか、わからないのはしょうがない、ということが書いてある本だった気がする。
光が粒子と波の両方の特性を持っていて、実験結果がそれを裏付けている(というか実験結果から導き出された理論だと思うが)といっても、それってどんなもの?と思ってしまってピンと来ないわけだが、人が日常遭遇する中には、そういう現象がなく、語彙もない以上、(著者自身も含め)ピンと来ないのは当たり前、というのが著者のスタンスのように思える。でもって、理論として、それが正しいらしいということが分かってれば、ピンと来なくても差し支えない、どうせ日常遭遇する現象じゃないんだし、という感じ。
なんとなく騙されてるような感触もないではないが、確かにそうかも、という気はした。しばらく前に読んだ本に書かれていた、カントールの連続体仮説についての議論が、結論がどっちでも大勢に影響ないので、研究のテーマにはならなくなってきてるという話に通じるものがあるような。
ちなみに量子力学的な現象が起きるのはコヒーレントな状態の時で、これは非常に不安定な状態なので、特殊な条件下にないと、脱コヒーレントという作用が働いて、不安定な状態(シュレジンガーの猫が半分死んでて半分生きてるみたいな)が発生する可能性を消していくので、普通の環境では量子力学のような現象に遭遇することはないということらしい。まあ、この辺も分かったような分からないようなだけど、何となくそんなもんかなと思ったりはする。
要するにピンと来ないものは来ないんだし、日常には関係ないんだから、あんまりそういうことを気にしても(気にしてるのか?(^_^;))しょうがないか、と思わせてくれる本だったかな。

と思った矢先に、ニュートリノは光より速く飛んでるらしい、相対性理論の根幹に影響?、なんてニュースが流れたもんで、あれれ、と思っちゃった。
量子力学も、正しいと言われたことが、いきなりひっくり返っちゃうことだって、ないとは言えないよなあと思うと、何となく納得した気になってた先から、また足元が崩れていくような(^_^;)
(2011.9.25)

|

« 感想「ブラッド・ブラザー」 | トップページ | ジャック・カーリイ »

「小説以外の本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/53005429

この記事へのトラックバック一覧です: 感想「量子力学の奇妙なところが思ったほど奇妙でないわけ」:

« 感想「ブラッド・ブラザー」 | トップページ | ジャック・カーリイ »