« セリーグ ヤクルト対広島(10/25) | トップページ | クライマックスSヤクルト対巨人(10/30) »

クライマックスSヤクルト対巨人(10/29)

2011.10.29(土) 18時半 神宮
G 000100001 2
S 00001200X 3
[勝]村中 [S]林昌勇 [敗]高木

初めて神宮で開催されるクライマックスシリーズの初戦。
20111029kyujo
運営は、特別変わった趣向もなく、レギュラーシーズンと同じような感じだった。客がいっぱいいるだけ(^^;。
と思ったが、審判が6人居るのと、照明灯が全灯しているのに気が付いた。今年は、シーズン中は、内野の奥の方が下の2列くらい、外野は1/3くらいが消灯してたんだよな。シーズン中、外野がどれだけ暗かったのかというのが、よくわかったよ。

先発は館山と澤村。
館山はいまいち調子がよくなかったみたいだ。初回からだいぶ苦労していた。4回には1死後、3連打で失点。巨人に先制を許すが、それでも粘って5回まで1失点に止めたのは大きかった。
打線は澤村に抑え込まれていたが、5回裏に2死後、森岡相川連打の後、館山の代打藤本がタイムリー。藤本、最終戦に引き続き、ガッカリ感を一気に払拭(^_^;)。
で、追いついたことで、6回表に打順が回った澤村に代打。これが大きなポイントだった気がする。6回裏に巨人2番手の高木から、ヒット、一失で一死12塁。3番手西村から畠山四球で満塁、慎也の中飛で勝ち越し。さらにバレンティンのタイムリーでもう1点。
逆にうちは2番手の村中が予想外によく投げた。あんな好投するとは思わなかったよ。でかかった。9回2死まで無失点。そこで大村サブローに一発食らって、最後は林昌勇の登板になったが、坂本をきっちり打ち取って、逃げ切った。
20111029board
まあ、クリーンアップが結局ノーヒットだったり(四球や犠飛はあるにしてもだ)、試合内容が特に上向いてるわけでもないんだが(そう簡単に上向くわけもないが)、短期決戦はそれでもなんとかなるもんかも知れない。
とりあえず明日も勝って、さっさとケリを付けて、次の準備に向かいたいね。その意味で大きな先勝だったな。

神宮で、外野のああいう位置で観戦したのは、相当久しぶりだ(10年以上?)。近年はずっと、外野というより、内野の奥で見ているから。全席指定だから、多分、シーズン中にあの辺に居る客層とはある程度違ってたはずだけど、それにしても、テンションが高かったな(^^;。まあ、たまにはいいやね。
20111029end

|

« セリーグ ヤクルト対広島(10/25) | トップページ | クライマックスSヤクルト対巨人(10/30) »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/53117905

この記事へのトラックバック一覧です: クライマックスSヤクルト対巨人(10/29):

« セリーグ ヤクルト対広島(10/25) | トップページ | クライマックスSヤクルト対巨人(10/30) »