« クライマックスSヤクルト対巨人(10/29) | トップページ | クライマックスSヤクルト対巨人(10/31) »

クライマックスSヤクルト対巨人(10/30)

2011.10.30(日) 18時半 神宮
G 000110004 6
S 000010001 2
[敗]石川 [勝]内海
[H]G:阿部(石川)

クライマックスシリーズ2戦目。観戦場所は内野の外の方。
20111030climax
20111030kyujo
試合前、雨がぱらぱら降ってて、いやな感じだったけど、プレイボールの前に上がって、その後はほとんど雨を感じなかった。ラッキー。

試合はそこまでうまく行かない。先発は石川と内海。内海をなかなか打てんのは想定内だったが、石川がやたらと三振が取れていて、経験上、そういう時の石川は、ポカーンと長打を食らうことが多いイメージがある…。4回に阿部に一発食らって先制されたのは、ああやっぱり、という感じだった。それにしても、慎之助は、今まであれだけやられてる以上、絶対ヤバいと思うわけで、勝負しなくていい打席は、歩かせて全然OKだと思うんだが。それくらいの気持ちで行かないと。甘いよ>石川(それとも相川なのか?)。
それでも昨日の館山みたいに1点で抑えてれば良かったが、5回に谷にツーベースを打たれ、古城の内野安打の後、内海にあっさりスクイズを許して、もう1点。
それでも5回裏に、バレンティンの四球を取っ掛かりに、代打川本のタイムリーで1点返したから、いよいよ失点が1点だったら、と思ったわけで。それなら昨日と同じような展開だった。
今日は2点目が入らない。クリーンアップが相変わらず打てない。6回裏に先頭のヒロヤスがヒットで出たが、青木は犠打で送ることも出来ない。1死1塁で畠山が右中間に鋭いライナーを打ったが谷の美技に阻まれる。これを見て、今日は多分ダメだなと思った。
それでも8回裏に2死から、青木と畠山についに初ヒットが出て、一打同点だったんだが、慎也が凡退…。慎也は依然ノーヒット。
1点ビハインドで9回表は林昌勇を投入したが、今日の林はダメダメだった。2死満塁にして、高橋由伸に走者一掃ツーベース。松井光介がリリーフしたものの、松井もさらに1点取られて1対6。
さすがにもう今日は負けだ、今日は何も決まらない、と思って撤退した。9時半回ってたし、明日は仕事があるし。その後、9回裏に1点は取ったみたいだけど、まあ、1点じゃねえ。
20111030board
石川は、あんなに早く失点しちゃダメだろうと思うが、そうはいっても、後続のピッチャーも頑張って、8回まで2失点なんでねえ(増渕が2 イニング投げたが、彼も思いのほか、いいピッチングだった。村中に刺激された?)。打てないことの方が、はるかに大きい問題。青木は、守備では結構貢献はしてると思うが、打つ方でこれだけ役に立たないと、どうにも…。8回裏の畠山との連打が復調のきっかけになってくれれば…なーんて、そんな悠長なことを言ってられる状況じゃないんだが。明日負けたら、シーズン終了だし。
それでも、畠山は、当りが戻り始めてるような気がしたから、明日、期待するなら、その辺かなあ。

|

« クライマックスSヤクルト対巨人(10/29) | トップページ | クライマックスSヤクルト対巨人(10/31) »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/53153769

この記事へのトラックバック一覧です: クライマックスSヤクルト対巨人(10/30):

« クライマックスSヤクルト対巨人(10/29) | トップページ | クライマックスSヤクルト対巨人(10/31) »