« トップリーグ第3節NEC対トヨタ | トップページ | 天皇杯3回戦 浦和対東京V »

東都大学野球入替戦 中大対拓大(11/13)

2011.11.13(日) 12時 神宮
拓大 000011000 2
中大 10101100X 4

今年は春先にスワローズの神宮デーゲーム開催に協力してくれたんで、東京六大学と東都大学野球を1回くらいは見に行こうと思ってた。東京六大学はとっくにクリアしたけど、東都は難しくて、秋のリーグ戦も終わっちゃったから、だめだったと思ってたんだけど、昨日、秩父宮行く時に神宮の前を通ると、入替戦をやっていて、今日が第2戦というから、ちょうどいいと思って、見に行った。ちなみに昨日の第1戦、くどい延長戦をやってるのが、秩父宮からスコアボードで見えていた(^^;)(延長13回拓大のサヨナラ勝ち)。今日は拓大が勝てば、初めての1部昇格という試合だったみたいだ。

でも中大が先手を取った。初回に拓大のエラーをきっかけに1点先制。3回には4番井上がレフトへホームランで2‐0。中大先発の渡邊は、球速は 130km出ないくらいだけど、変化球をうまく使って、打たせて取るピッチングで4回まで無失点。しかし5回に拓大が石渡のスリーベースから1点取って、さらに四球で走者が出た所で、2番手入江に交代。その裏、中大は拓大の守備の乱れに乗じて1点追加したが、6回表に入江が打たれて、また1点差。さらに1死満塁。しかしここを投ゴロ併殺で乗り切り、6回裏飯田のスリーベース(これもちょっと、拓大の守備が…)を返して2点差にすると、7回からは3番手の鍵谷が 140km台のストレートでばしばし押しまくって、最終回までノーヒットピッチング(死球とバックのエラーでランナーは出したが)。4‐2で中大が逃げ切り、決着は明日の第3戦に持ち越し。

拓大は守備のミスで、ムダな点をやり過ぎた感じ。中大がきっちりした野球をやってたのに比べると、やっぱり1部と2部でレベルの差があるのかな、と思ったが、もしかして、昇格がかかって固くなってたとか? もっとも、7-8回は3番手の佃が、大量にランナーを出しつつも無失点にしのいで、2点差に留めたところを見ると、どうしようもないほど、力の差があるわけでもないと思える。明日勝って、昇格する可能性も十分あるんじゃないのかな。ちなみに、明日は見に行けないが。

それにしても、1部対2部なら、2部のチームを応援したくなるのが、俺の本性だが(^^;、中大は(スワローズ監督の)小川さんの母校だから、さすがに申し訳なくて(^^;。
20111113kyujo
20111113board

[追記]14日の3回戦は中大が勝って、中大が1部残留を決めた。

|

« トップリーグ第3節NEC対トヨタ | トップページ | 天皇杯3回戦 浦和対東京V »

「野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/53235485

この記事へのトラックバック一覧です: 東都大学野球入替戦 中大対拓大(11/13):

« トップリーグ第3節NEC対トヨタ | トップページ | 天皇杯3回戦 浦和対東京V »