« トップイースト2部セコム対ヤクルト | トップページ | J1リーグ第34節新潟対名古屋 »

J1リーグ第33節名古屋対山形

2011.11.26(土) 14時 豊田スタジアム
観客 26481人 主審 扇谷健司 副審 田尻智計、越智新次

 名古屋グランパス 3(3−0)0 モンテディオ山形  
           (0−0)

 得点 7分 名古屋・ケネディ
    39分 名古屋・闘莉王
    45+2分 名古屋・闘莉王

今季リーグ戦ホーム最終戦で、ようやく今季初めてトヨスタへ(^^;)

降格決定した上に、前節福岡にボコボコにされた山形は、終わっちゃってる気配が色濃くて、立ち上がりから名古屋が一方的に攻める。10分くらいに小川のCKからジョシュアが決めると、早々に楽勝ムード。そんな状態なんで、やっぱり怖いのは、相手というより自分のミス。後ろの方で緩いボール廻しから奪われて、普通の相手だったらヤバかっただろうな、と思う場面は散見されたけど、何事もなく済んでしまうくらい、山形は緩んでた。宮沢がそこら中を走り回っているのが目立っていたくらい。
全体的には名古屋が優位を保ちつつ、前半の終盤、相手ゴール正面のやや右手くらいで得たFKを藤本が蹴ると、ゴール前で落ちて弾む所へツリオが詰めて2点目。さらにロスタイム、右サイドのかなり遠い位置からのFKをゴール前に藤本が放り込むと、ツリオが受けて、蹴り込んでもう1点。
3‐0になった後半は、ほとんど見るべきものはなかった。警告累積のあるハユマ、阿部、増川を、最終節に備えて早々に引っ込めて、攻撃陣もかなり流した感じの試合運び。そんな状態でも、ムウや玉田が決定機を作ったりはしたが、追加点はなく、山形も得点の気配ないまま(他のチームなら決定機と思える場面でも、全く点が入る気がしなかった)、かなり退屈な45分が終わり、3‐0で名古屋が勝ち。

最終節は、名古屋が勝って、柏が引き分け以下なら、名古屋の優勝だが、さて。リーグ戦未勝利の新潟大白鳥。カシマの呪いが消えた今、一番やりたくないスタジアムなんだな、よりによって(^^;)。
とりあえず、今日の楽すぎる試合は引きずらないことだろうな。あとはここ2試合、どうも目立ってた気がする後ろの方のミスだね。そういう所を、いかにも突いてきそうな新潟…。不安(^^;)
20111126board
20111126strat
20111126rei

|

« トップイースト2部セコム対ヤクルト | トップページ | J1リーグ第34節新潟対名古屋 »

「名古屋グランパスエイト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/53415822

この記事へのトラックバック一覧です: J1リーグ第33節名古屋対山形:

« トップイースト2部セコム対ヤクルト | トップページ | J1リーグ第34節新潟対名古屋 »