« 感想「楊令伝」7 | トップページ | 感想「予期せぬ来訪者」 »

感想「ヴェニスを見て死ね」

「ヴェニスを見て死ね」 木村二郎 創元推理文庫
ジョー・ヴェニスもの短篇集。読んだ覚えのある作品がかなり多い(全部?)。元になっている94年に出た単行本は買ってないはずなんで、「ミステリマガジン」に掲載された時に読んだ記憶だろう。当時はまだ買っていたはずだから。そっちで読んでるから、と思って、単行本を買わなかったような記憶もうっすら。
木村二郎はファンだけど、翻訳の文章は硬いなとずっと思っていて、この文章で小説かあ、ということを当時思っていた。今読むと、硬さはあるが、昔思っていたほど不自然ではないかな。手を入れているのかな。
プロット的には、先が読める話が多い。読んだことがあるから当たり前という以前に、初読の時もそう思った覚えがある。適当な所から結末を引っ張り出さずに、ちゃんと書いている、ということではあるけどね。
こういうタッチの私立探偵小説は、懐かしい感じがする。
(2011.12.26)

|

« 感想「楊令伝」7 | トップページ | 感想「予期せぬ来訪者」 »

「小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/53610829

この記事へのトラックバック一覧です: 感想「ヴェニスを見て死ね」:

« 感想「楊令伝」7 | トップページ | 感想「予期せぬ来訪者」 »