« トップリーグ第12節NEC対NTTドコモ | トップページ | トップリーグ第13節サントリー対神戸製鋼 »

トップリーグ第12節リコー対東芝

2012.1.29(日) 14時 秩父宮ラグビー場

 リコーブラックラムズ 14(0−19)39 東芝ブレイブルーパス
              (14−20)  

立ち上がりは正面からのぶつかり合い。リコーも結構いい形を作っていたから、面白い試合になりそうだったんだけど、リコーが要所要所でパスミス、ノックオン等々、ミスを重ねる。力が下のチームがこれでは厳しいわけで、開始10分に東芝が松田のトライで先行。松田はトライの最年長記録を更新。その後も着々と加点して前半0対19。リコーはスクラムからの球出しのミスで河野が怪我してリタイアしたり、ろくなことがない。
後半開始早々に東芝が4トライ目を決めた後、リコーがやや持ち直した。10分のリーのトライの後、20分にはキニキニラウがタッチライン際をタックルをかわしながら疾走してトライを決め、12点差まで詰める。でもそこまで。東芝はPGで手堅く15点差に広げた後、さらに2トライで(二つ目はロスタイムに入ってからスクラムでリスタートして持って行っちゃった)、39対14の完勝。

東芝の強さばかり目立って、全然競った試合じゃなかったが、先週のサントリー対東芝より面白く見れた試合だった。まあ、リコーが好きなチームだからってのもあるだろうけど、やっぱりこういうぶつかり合いの方が、見てて面白いと思う。
1817731906_79


|

« トップリーグ第12節NEC対NTTドコモ | トップページ | トップリーグ第13節サントリー対神戸製鋼 »

「ラグビー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/53903181

この記事へのトラックバック一覧です: トップリーグ第12節リコー対東芝:

« トップリーグ第12節NEC対NTTドコモ | トップページ | トップリーグ第13節サントリー対神戸製鋼 »