« ヤクルトラグビー部 トップイーストDiv1入り | トップページ | 感想「イスタンブールの群狼」 »

感想「楊令伝」9

「楊令伝」9 北方謙三 集英社文庫
そうなるのかな、と思っていたら、やっぱり区切りが入った。というか、想像以上に大きな、ここで話が終わっちゃってもおかしくないような区切りだった。なるほどね。
多分、ここから始まるのが、北方謙三が元々「楊令伝」で書こうとしていたことなんだろう。ここまでは「水滸伝」の続きのようなもので、「楊令伝」が書かれなくてはいけなかった理由が、はっきり見えてくるのは、ここからなのかも知れない。いや、最大の理由は、単に続編が書きたかっただけ(需要もあることだし)なのかも知れないけど、「水滸伝」とは違う何かを書くというモチベーションがないわけはないと思うので。
これで先が読めなくなった感じ。どう転がっていくのか興味深い。

|

« ヤクルトラグビー部 トップイーストDiv1入り | トップページ | 感想「イスタンブールの群狼」 »

「小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/54061931

この記事へのトラックバック一覧です: 感想「楊令伝」9:

« ヤクルトラグビー部 トップイーストDiv1入り | トップページ | 感想「イスタンブールの群狼」 »