« トップリーグ第13節東芝対パナソニック | トップページ | トップチャレンジ1キヤノン対九州電力 »

トップチャレンジ1クボタ対豊田自動織機

2012.2.11(土) 12時 秩父宮ラグビー場 

 クボタスピアーズ 58(26−7)24 豊田自動織機シャトルズ 
            (32−17)

第1試合。クボタは勝てばトップリーグ自動昇格がほぼ決まり(と思っていた(^^;)、織機も勝てば自動昇格の目を残すという試合。

立上がりは織機がちょっと押したけれども、クボタの方がうわてというのが、次第にはっきりした感じ。5分過ぎに先制トライを決めてから、コンスタントに得点を積上げ、前半で4トライ、26-7。相変わらず、割と大雑把な所はあって、反則の繰返しから37分に失点したりもしたけれども、明らかな力の差が見えていたので、まあ、このまま行くだろうなと思った。
後半もクボタが着々と加点点。織機も後半序盤にマリー・ウィリアムスが入ってから、いい形を作れる場面は増えたけれども、力及ばずで58-24で終了。

3戦全敗でトップチャレンジ1最下位の織機は、入替戦でサニックスと対戦することが決まり。クボタはこの時点で、勝ち点9、得失点差+34。九州電力は-4だから、38点差。第2試合で、クボタが今季2回やって2回とも勝てなかったキヤノンに対して、これだけの得失点差を付けて九州電力が勝てるとは、普通は思わないよな。トップチャレンジで、クボタは九電に勝っているんだし。試合後のクボタが、自動昇格が決まったかのような喜び方をしていたのは、無理はないと思うんだが、まさかねえ。
20120211board1


|

« トップリーグ第13節東芝対パナソニック | トップページ | トップチャレンジ1キヤノン対九州電力 »

「ラグビー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/53958925

この記事へのトラックバック一覧です: トップチャレンジ1クボタ対豊田自動織機:

« トップリーグ第13節東芝対パナソニック | トップページ | トップチャレンジ1キヤノン対九州電力 »