« 感想「国家の崩壊」 | トップページ | 感想「死の扉」 »

感想「楊令伝」8

「楊令伝」8 北方謙三 集英社文庫
一気に激戦に突入。全篇ほとんど戦という感じの巻。
ずっと馴染んでいた登場人物がバタバタ死んでいくのは、寂しい。そういう成り行きになる小説なのは、最初から分かっているけど。
それにしても、まだだいぶ巻数が残ってる。どこかで大きなブレイクが入るんだろう。この消耗の調子だと最後まで持たない気がする。
で、岳飛の回りに、新しい人物が登場したり、伏線が引かれ始めたのは、「岳飛伝」への布石なんだろうな。それが見えちゃうのは、ちょっとつまらない。
(2012.1.24)

|

« 感想「国家の崩壊」 | トップページ | 感想「死の扉」 »

「小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/54028023

この記事へのトラックバック一覧です: 感想「楊令伝」8:

« 感想「国家の崩壊」 | トップページ | 感想「死の扉」 »