« J1リーグ第3節名古屋対新潟 | トップページ | 感想「楊令伝」10 »

イースタンリーグ ヤクルト対日本ハム(3/25)

2012.3.25(日) 13時 戸田
F 000100030  4
S 000000302X 5
[勝]渡辺 [負]植村

今年初戸田。
行くつもりが雨で2回流れて、3度目の正直、みたいな感じ。

バックネット裏に行ったら、置かれているベンチが廃物利用じゃない、ちゃんとしたベンチになってて、下も舗装されていた。しかもベンチは2列。もっとも、俺みたいに試合直前に到着してたら、2列になったところで、空席なんてもうないわけで、あんまり関係ねえな、という感じではある。立って見るのに慣れてるから、別に気にもならないけど、ベンチの後ろに立つから、ネットから距離が開いてしまって、それはむしろちょっと残念。まあ、一般的には改善だろうから、いいけどね。

うちの先発は木谷でファイターズは乾。木谷の初回3連続三振は圧巻だったが、立上り、もたついた乾も次第に調子を上げた。もたついてるうちに捕まえられていれば…。木谷は3回までで、代わったウーゴが4回にやや不運な失点で0対1。ただ、ウーゴも投球内容自体は、今日もそんなに悪くなかったと思う。少なくともイースタンのレベルでは、木谷・ウーゴの2人は結構いけそうな気がする。ファイターズは6回が宮本で、ここも三者凡退。
試合がもつれ始めたのは7回。うちの3番手の正田が、2死2-3塁を作りつつなんとかしのいだ後、ファイターズ3番手の榊原に対し、2死1-2塁でタカノリがセンター前の2点タイムリーで逆転。さらに麻生もタイムリーで3-1とした。
8回表、今度は正田が捕まる。死球、レフト前ヒット、犠打で1死2-3塁、そこでサードゴロを麻生が1塁悪送球して1点失う。直前のレフト前も、麻生追い付けなかったか、という感じだったので、ちょっと…。小野寺が救援で出たが、ダメじゃないかな、と思ってたら、やっぱりダメで、佐藤に逆転のツーベースを打たれる。
8回裏は植村に抑えられ、9回表は渡辺が抑えて、9回裏、8回も結構荒れてた植村が決壊。中村ヒット、タカノリ四球、麻生のバントはサードのエラーを誘い、無死満塁。ここで代打福川が同点タイムリー。次のユウイチは、ダメだろうなと思ってたら、やっぱりダメだったんだけど、続く松井淳が中前にサヨナラタイムリー(^^)。

タカノリが4の3。今年見た3試合全部でいいヒットを打っているので、ブレイクの兆し?とか勝手に思ってる。あとは、なにげに麻生が一人でひっかきまわしてた感もなくはない、と思った(^^;。
ユウイチは3試合見て、ずっとダメな感じなんで、大丈夫かなと思う。まあ、見てない試合では活躍してるのかもしれないけど。

そういやあ、選手が球場外に出たファールボールの球拾いに出なくなったみたいだな。観客との触れ合いが、悪くない雰囲気だったんだけど、試合に集中出来るという意味では、正しいあり方なんだろうな。社長が積極的にいろいろ動いてるという話だし、環境が良くなるのはいいことだね。
1832731773_220
1832731773_113
1832732456_84

|

« J1リーグ第3節名古屋対新潟 | トップページ | 感想「楊令伝」10 »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/54309514

この記事へのトラックバック一覧です: イースタンリーグ ヤクルト対日本ハム(3/25):

« J1リーグ第3節名古屋対新潟 | トップページ | 感想「楊令伝」10 »