« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

J1リーグ第8節名古屋対浦和

2012.4.28(土) 13時 瑞穂陸上競技場
観客 18138人 主審 扇谷健司 副審 越智新次、武田光晴

 名古屋グランパス 1(1−1)2 浦和レッズ  
            (0-1)    

 得点 23分 浦和・マルシオ リシャルデス
    27分 名古屋・金崎
    68分 浦和・マルシオ リシャルデス

瑞穂で生観戦。
よく晴れてて暑くて、こんな好天の中で試合を見るのは久しぶりだったから、有り難かったけど、選手にしてみたら、唐突に暑い気候の中で試合をするのは難儀だろうな、とは思った。

名古屋が攻め込んで始まったが、それでベタ引きになった浦和をうまく崩せない。開始早々のCKからのビッグチャンスをツリオが決めてればなー。やっぱテンション上がり過ぎてたかなー。
逆に浦和のカウンターに裏を取られる危ない場面は度々。それをほとんど決め損なった浦和もたいがいだったけど、20分過ぎにマルシオ リシャルデスにはきっちり決められて先制された。やっぱり天敵だよ>(塩)。もっともその後も何度かあった決定機は全部ミスってたから、今日は(塩)終了かなと思ってたんだが…。
先制されたものの、すぐにムウのゴールで追いついた。崩したというより、浦和ディフェンスの隙間にこぼれたボールに走り込んで、よく決めたという感じ。今年のムウはああいう形で迷わず打って来て決める得点が多いよな。迷ってチャンスを逃す場面が段々減ってる気はする。
同点で後半。浦和の動きがガックリ落ちて、まあ名古屋も落ちてはいたけど、優勢な展開になったし、セットプレーで押し込んで得点の目もありそうな雰囲気になってきたから、いけるかなと思い始めてたんだが、そこで20分過ぎに浦和のカウンターからのクロスをハユマがペナルティ内で手に当ててしまう…。2回目の警告でハユマは退場、マルシオ リシャルデスのPKで、また勝ち越される。終了かな、と思ってたんだが、さすがにPKは…。
数的不利だし、玉田が足を痛めたみたいで下がってしまうし、見込み薄そうと思ったが、好機は何度か作った。でも決められない。数的不利になってからは、トップに据えたツリオにすべて託したみたいな攻め方になってたが、それでよかったのかな、という気もしないではない。ツリオのテンションにピクシーも引きずられたのかね。

結局、また自滅っぽい負け試合だったな。つまらねえなあ。
1841172409_211
1841172409_193

| | コメント (0) | トラックバック (0)

セリーグ ヤクルト対巨人(4/21)

2012.4.21(土) 18時 神宮
G 000000000 0
S 200000000 2
[勝]赤川 [敗]澤村

プレイボールから見ていた。

巨人先発は澤村。初回2四球で2死1‐2塁で川端が右中間を破るスリーベースを打ち、2点先制。澤村は去年、ヒロヤスによく打たれてたそうで、それを意識し過ぎての先頭打者(ヒロヤス)四球だったのかな。だとすれば、この試合でのヒロヤスの1番起用は、ぴたっとはまったことになる。
うちの先発は赤川で、ボールが先行しがちで、カウント3‐2を連発しながらも、最終的には打たせて取るピッチングがはまって、巨人にチャンスらしいチャンスを作らせない。危ない場面もバックががっちり守り抜く。特に由伸の左中間の当たりを捕ったミレッジの守備は良かった。ヒロヤスも、セカンドへの打球が多かったがきっちりさばいたし、無死1塁で慎之介をゲッツーに取った場面とか、見事だった。
澤村も初回以外は好投で、赤川よりも内容はいいくらいだったかもしれないけど、援護がなかったからな。
赤川がプロ入り初の完封で、2‐0で逃げ切った。ナイスピー(^_^)v

ところで、巨人戦2試合見て(前回は開幕戦)、まだ巨人の得点を見てないな(^_^;) ヒットは坂本が5本、あとはボウカーと加治前が1本づつってのも、わけがわからない(^_^;)
1839487848_184
1839487848_73

| | コメント (0) | トラックバック (0)

J1リーグ第7節広島対名古屋

2012.4.21(土) 14時 広島ビッグアーチ
観客 11123人 主審 前田拓哉 副審 手塚洋、穴井千雅

 サンフレッチェ広島 1(0−0)1 名古屋グランパス  
           (1-1)    

 得点 62分 名古屋・田中隼
    90+4分 広島・森脇

NHKBSの生中継で見た。

このカードは、噛み合わないというか、噛み合いすぎるというか、膠着気味で見ててあんまり面白くないことが多いという印象があったけれども、今日はそうでもなかったな。途中、止まっちゃう場面もあったものの、双方結構活発に攻めあっていて、面白く見れた試合だった。ラスト以外は…。

攻め合ってはいたけど、前半はスコアレス。3バックで先発したダニエルが、攻守にいい感じで効いてるように見えたのと、広島は佐藤寿人がやっぱり怖いなー、という印象だった。名古屋がポゼッションでは勝ってるんだろうけど、カウンターでゴールに迫る広島の方が点を取りそうな雰囲気は強いかなという気はした。
それでも後半、15分過ぎに名古屋がパスをつないで、左サイドで小川から出たボールをダニウソンが折り返し、逆サイドから入った隼磨が頭で決める先制ゴール。そんなに早いパス回しでもなかったと思うんだが、広島のディフェンスの動きが止まっちゃっていたように見えた。その後、追加点が取れればよかったんだけど、なかなか。天津戦で絶不調に見えた玉田が、この日も不調が続いていて、うまくボールに触れてなかった感じなのも影響してた気がする。
それでものらりくらりと試合を運んで、逃げ切りペースに入ってたが、終盤にかけて、広島に危険なシュートを打たれる場面が増え、例によって楢崎が止めまくって持ちこたえていたものの、ロスタイムに森脇のミドルがスコンと入ってしまった…。

ドローなんだけど、負けたとしか思えない試合だった。展開的に、いかにも最後にやられちゃいそうな雰囲気はあったけど、あそこまで行ってて持ちこたえられないかね。今年はああいうロスタイムの失点が多すぎだ。これだけ多いと、さすがに事故だからしょうがないか、では、済まないよな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ACLグループL第4節 名古屋対天津

2012.4.18(水) 19時 瑞穂陸上競技場
観客 6006人 主審  副審 

 名古屋グランパス 0(0−0)0 天津泰達  
      (0−0)

今年最初の瑞穂行き。

引いて守る天津を崩せない前半。ジュンゴを出場停止で欠いた名古屋は攻撃のアイデア不足。永井は消えてるし、ムウはまた微妙なムウに戻っちゃった。小川の壁の間を抜けるFKが惜しかったくらいで、ずーっと押してた割に、決定的なシュートもほとんどなく(天津には、とりあえず放り込んだら、クロスバーを直撃したシュートが一本)、前半終了。
後半、巻を入れて前線を厚くしたが、天津が前からプレスを掛け始めたせいで、後ろがバタバタになって、あんまり役に立たなかった。後半の前半は天津の時間。ちょっと怖い形も何度か作られたが、天津も結構雑で詰めが甘く、なんとか受け流した。
そんな中で、15分くらいに天津ゴール前混戦で倒れ込みがあって笛。うちのファールかと思ったら(向こう側だったんで、よくわからず(^^;))、天津のファールでPK。これを玉田が豪快に外す…。日曜の横河の関野かと思った(-_-#)。千載一遇のチャンスだったのに…。
後半の後半は、流れが戻った、というより、天津が引き分けでOKと割り切った感じで、それを崩せないまま、スコアレスドロー。

ここんとこ、いい感じで来てたんだが、戻っちゃったな。復活した小川もあんまり役には立たず、結局攻撃はジュンゴ頼みということか。
1838820267_47
1838820267_10
1838820267_31

| | コメント (0) | トラックバック (0)

JFL第6節横河対SAGAWA SHIGA

2012.4.15(日) 13時 西が丘
観客 704人 主審 大友一平

 横河武蔵野 1(0−1)1 SAGAWA SHIGA
        (1−0)

 得点 45+1分 SAGAWA・大杉
    59分 横河・小野

今年初めてのJFL。というか、去年は夏以降、さっぱり見に行かなくなってしまったんで、去年の8月以来のJFL観戦。

横河は、案外去年とメンツが変わってなくて、見やすくて助かった。んで、冨岡が帰ってきていたのね。プログラムには載ってなかったが。
SAGAWAを見るのは相当久しぶりで、一から再確認という感じだったが、山根と大沢は健在だった。大沢が、案外小さく見えなくて、背が伸びたんだろうか?と思ったが、SAGAWAの攻撃的な選手が、総じて小柄だったせいのような気がする、多分。

立ち上がりは横河が攻勢で、ここ3年くらい一緒にやってて、気心の知れた選手たちが、軽快にボールを回して攻め込んでいた。特に永露と都丸の両サイドが活発に動いていたし、冨岡も結構効いてる感じで、やっぱりこのチームではちょっと特別な存在かもなと思った。ただ、好機は作るものの、フィニッシュが甘くて得点には至らない。そのうちSAGAWAがペースをつかみ始め、こちらはこちらで速いつなぎで得点機を作った。双方が速いペースで攻め合う、結構面白い展開になっていたが、なかなか点は入らない。前半ロスタイムに入り、このまま前半は終わりかなと思ったところで、SAGAWAが中村竜也の右CKから大杉が押し込んで先制。横河の試合は、ロスタイムに点が動くことが多いけど、今年もそうなのかな。

後半は、SAGAWAが大沢に代えて竹谷を入れ、前線のでかいポストにボールを収めやすくなったかと思ったが、逆に攻撃に単調になってしまったようだった。14分に横河は、永露が左から仕掛けて、ゴール前で小野が押し込み同点。さらに横河が優勢に攻め、30分頃にはゴール前に関野が入ってシュートに持ち込もうとしたが失敗。でもここでSAGAWAのファールがあったようで、大杉が退場になり、横河がPKを得る(ここは正直、よくわからんかった。関野が倒された?と思ったけど、どうも違う気がする)。ただ、ここは関野がどかんとゴールの左外に蹴って、PK失敗。
横河は数的優位の効果が多少はあったようで、やや押し気味に試合を進め、40分頃には都丸が右からゴール前に入れたクロスが、ペナルティ内のSAGAWA DFに当たる場面。手に当たったように見えなくもなく、結構騒然としたが、主審はPKは取らずにCKを指示。
で、結局、横河はチャンスは作るが得点に至らず、ドローで終了。

後半はちょっとペースが落ちたし、最後の方は双方かなり間延びはしていたものの、攻めあっていたんで、面白い試合にはなっていた。横河は、去年よりもいいんじゃないか、という気はする。もっとも、去年は終盤戦を見ていないんで、そのころに比べてどうか、というのは、わからないんだけど。
あとは、小山がCBをやってたのが目を引いた。CBも出来ると聞いてた気はするけど、やってるのを見たのは初めてじゃないかと思う。きっちりこなしていた感じ。CBコンビの瀬田と小山が目立ち過ぎてなくて、それは多分、いいことじゃないかな。
1838161930_224
1838161930_103
1838161930_232

| | コメント (0) | トラックバック (0)

J1リーグ第6節浦和対神戸

2012.4.14(土) 15時 さいたまスタジアム2○○2
観客 25894人 主審 高山啓義 副審 前之園晴廣、蒲澤淳一

 浦和レッズ 2(0−0)0 ヴィッセル神戸  
       (2-0)    

 得点 52分 浦和・阿部
    76分 浦和・マルシオ リシャルデス(FK直接)

行こうと思ってた戸田の試合が雨で流れたので、代わりに比較的手近な所へ行ってみた。結構強い雨が降ってたが、あんまり風はなかったし、席もガラガラだったから、そんなに大変じゃなかったけど。

立上りは、小器用な攻撃的な選手をぞろっと揃えた浦和の前線でのパス回しと、神戸のロングボールのカウンター攻撃の応酬が、結構面白かったが、どっちも決めきれない。そのうち、降り止まない強い雨のせいか、プレーの精度が落ちてきて、双方精彩を欠き始め、そのまま前半終了。
後半立上り、いくらか活気が戻り、攻め合う中で、5分過ぎにCKのこぼれ球を阿部勇樹が決めて浦和が先制。そのまま流れに乗った浦和が、30分くらいにマルシオ リシャルデスの壁を超えて落ちてくる見事な直接FKで2点目。2対0で浦和の勝ち。
神戸は野沢が消えてた。ああいうカウンターサッカーやるんなら野沢よりは、むしろポポが必要なんでは、という感じ。去年までのスタイルと今年目指したいスタイルの間で中途半端になってる感じなのかな。
浦和も、あのパスサッカーが速い寄せでガチガチ当たってくる相手にどこまで通じるのかな、という気はしたけど、マルシオの復調気配は、名古屋的にはとりあえず脅威だな。天敵だし(^^;) 。
1837831546_72
1837831546_10
1837831546_36

| | コメント (0) | トラックバック (0)

J1リーグ第6節名古屋対札幌

2012.4.14(土) 16時 豊田スタジアム
観客 12896人 主審 中村太 副審 山際将史、高橋佳久

 名古屋グランパス 3(2−0)1 コンサドーレ札幌  
          (1-1)    

 得点 3分 名古屋・金崎
    15分 名古屋・オウンゴール
    77分 名古屋・玉田
    90分 札幌・古田

JSPORTSの録画中継の録画。

結果は知ってたが、経過を全然知らなかったもんで、開始早々のムウのゴールには意表を突かれた。しかも綺麗に繋いで流れで取ったゴール。ジュンゴのパスからムウのゴール前への入り方も完璧。
15分にもまたゴールが決まる。アベショーのクロスを札幌DF奈良がオウンゴールしたが、いいクロスだったし、ゴール前にこっちも詰めてたから、しょうがないんじゃない?という感じ。
序盤の、この名古屋じゃないみたいな(^^;)鮮やかな攻勢は、生で見てたら気分がよかったろうなと思ったが、この後は1点しか入らない(しかも1点取られる)と思うと、ちょっとね…。
でも、危ぶんだほど、その後のペースダウンはなかった感じ。ずっとテンポよく攻め続けていた。札幌も時々カウンターでゴール前まで攻め込んできたが、ほとんど名古屋が競り勝ってる中での展開なので、本当に危ない場面はほとんどなかったと思う。
で、後半30分に玉田がとどめ。これもジュンゴ→玉田→永井→ムウと繋いでの綺麗なゴール。
ロスタイム寸前に古田のシュートが増川に当たって入っちゃったが、完全に事故だし、点差もあったし、あんまり気にはならない失点だった。

鳥栖戦と違って、珍しく格の差を見せた試合だったな。近年、札幌相手には、割とそういう試合が出来てる気はするけど。鳥栖戦の時は、やっぱり中国帰りの疲れもあったのかな。
小川が戻ってるし、直志も戻って来たから、これからもっと調子を上げていけるか? ここ2‐3試合、ムウを見ててイラッと来る場面がなくなったように思えるのは、メンツが揃って、負担が減ったからかな。彼が迷う場面が減っている気がする。
(2012.4.18)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

セリーグ ヤクルト対DeNA(4/11)

2012.4.11(水) 18時 神宮
B 20500 7
S 00000 0
(6回表1死コールドゲーム)
[勝]山本 [敗]石川
[本]B:小池(石川)

今年最初の神宮で見る公式戦。
2回裏途中に到着。0対2で負けていた。無走者から相川がヒットで出たが、石川倒れてチェンジ。
3回表は石川がメタメタ。先頭の山崎がヒット、ひちょり四球の後、ラミレスの2点タイムリーツーベース。次の中村ノリの当たりは平凡な遊飛のはずだったが、川端とミレッジがゆずりあって取れない。続く小池がスリーランで0対7。野手も悪いが打たれ過ぎ>石川。
代わって出て来た阿部は初見。球は大したことないが、割と安定感はありそうだな。5回からは増渕で、ここも無難。
打線は1回も2回も2安打してたようなんだが、1点も入ってない。4回にも3安打で1死満塁にしたのに無得点。4回終わってヒット数は同数なのに0対7ってのは…。
雨はだんだん強くなってはいたけど、土砂降りじゃなかったんで、ノーゲームはないなと思ってた。で、無事試合成立。6回表途中に雨が激しくなり中断、そのままコールド。もう少し早く激しくなればと思わんでもないが、5回までだったら強行した降りだったとは思う。試合が成立して、しかもワンサイドだったから、割と簡単に打ち切った感じ。

まあ中止試合をあんまり溜めても、あとのスケジュールが面倒になるだけだから、いいと思うけどね。今年は既に1試合流してるし。こんなひでえ試合は、さっさと終わって切り替えるのが一番。
それにしても少なかったな>観客。プレイボール時点では、そこまでひどい降りでもなかったと思うが。
1837146124_188
1837146124_121
1837146124_238

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イースタンリーグ ヤクルト対巨人(4/8)

2012.4.8(日) 13時 戸田
G 100015001 8
S 400100020 7
[勝]真田 [S]福田 [負]太田

13時プレイボールのはずだったが、ぎりぎりで行ったら、もう始まってた(始まるのが見えた。いきなりエラーのランプが点いていた)。12時58分くらいにはスタートしてた気がする。

で、うちの先発は八木だったが、エラーとか、自身の牽制ミスとかでピンチを作り、中井の中前ポテンヒットで先制される。
巨人の先発は朝井で、これがヘタレな立上がり。先頭の三輪が四球で出て、1死後、福地、ユウイチ、松井淳の3連打で一気に3点。一人置いて、藤本のツーベースでもう1点。あっさり逆転。
ただ、八木は投球内容自体はそんなに悪くなかったと思う。朝井も、2-3回はそこそこ立直った感があったんだが、4回にヒットで出た藤本を西田がタイムリーで返して5点目。ここで朝井は辻内に交代。この辻内は2回2/3を好投した。
八木も5回はちょっとあっぷあっぷし始めて、ヒット2本で1失点(松本のタイムリーは、タカノリ取れないか?、という感じはあったけど)。6回も続投だったが、ショート三輪の野選で足を引っ張られたこともあり、1死満塁で降板。山本哲がリリーフで出たが、内野安打、四球押出しで2点失った後、円谷に逆転タイムリーをかっとばされる。3番手正田が後始末したものの、内野ゴロの間にさらに1点取られ、5-7になってしまった。
8回裏、巨人は4番手の星野が登板したが、ヒット2本とエラーで1死2-3塁。投手が真田に代わったが、麻生の内野ゴロでまず1点。楠城のツーベースで同点に追いつく。でも、代打野口が倒れて同点止まり。
9回表、7回から投げていた太田が、先頭の松本に四球。小野寺がリリーフして、2死を取ったが、そこで中井にレフトオーバーのタイムリーを打たれ、勝ち越される(これも、タカノリ取れなかったか?という感じはあったけど…)。9回裏は福田に3人で打ち取られて試合終了。

8回、無駄に追いついただけ、という感じになってしまった。試合時間が3時間半を超えてちまったんでねえ。風が冷たくて、かなり寒かったこともあり、もっと早く終って欲しかった(^^;。
それにしても、うちの投手は、まあ、こんなもんだろ、という出来だったが、バックが足を引っ張り過ぎたな。特にショート三輪。というか、三輪がショートを守るのは、初めて見たような気がする。守れるポジションを増やしたい意図なのかもしれないけど、今日の出来では正直無理。エラーがあったし、他にも野選や、もったいない判断ミスで、アウトを取り損なっていたはず。あぶなっかしい送球もあった。本気でショートを考えるんなら、相当修行が要りそうだ。
1836373131_231
1836391724_66
1836373131_126


| | コメント (0) | トラックバック (0)

J1リーグ第5節名古屋対鳥栖

2012.4.7(土) 14時 豊田スタジアム
観客 13824人 主審 井上知大 副審 平野伸一、川崎秋仁

 名古屋グランパス 1(1−0)0 サガン鳥栖  
          (0-0)    

 得点 27分 名古屋・永井

今年最初のホーム生観戦。

鳥栖をJ1で見るのは初めて。大宮のホームゲームでJ2をよく見てた頃は何度も見たが、もう8年見ていなかった。当時はゴツゴツした印象が割と好きなチームだったけど、当時の選手はもうきれいにいなくなってる。川前とか佐藤陽彦とか好きだったんだけど(彼らが居たのは、もっと前かも)。今日見た限りじゃ、スタイルも全然違う、普通のチームだった。丹念にチェックに来る勤勉な手堅いチームだけど、特に強いとか怖いとか、そういう飛び抜けた印象はなかったな。

でも、うちの中盤が今日はユルくて、そういう丹念なチェックをされると、全然球は回らないし、セカンドも拾えない。そんなにスピード感のあるチームではなかったから、大きな破綻なく対処は出来てたが、前半押し気味だったのは鳥栖の方だね。でも前半半ば、ダニウソンが左からゴール前に入れたクロスに、永井がうまく入り込んで合わせて先制しちゃった。
勝ってるとはいえ、前半低調だったから、ハーフタイムにカツが入って、ペースが上がるかと思いきや、後半の方がグダグダだったかもだ(^^;)。特に半ばくらいの時間帯は、ゴール前まで何度となく攻め込まれ、事故で失点しちゃいそうな雰囲気がプンプン漂っていたので、気が気でなかった。まあ、鳥栖も結構球あしらいのミスは多かったし、攻撃に関して、突出した特徴を持っているようでもなかったので、攻めきれなかった感じだな。名古屋が、まんまと逃げ切った。貫禄ってやつですかね(^^;)。

内容的には勝っただけに近い試合だったかも。でも天津での試合に引き続き、無事故(^^;)の完封だし、流れが来たかな、という雰囲気はあったよ。
1836087334_100
1836170501_236
1836170501_62

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ACLグループL第3節 天津対名古屋

2011.4.3(火) 19時半(現地時間) 天津泰達球場
観客 12249人 主審 イルマトフ 副審 ラスロフ、コチカロフ

 天津泰達 0(0−1)3 名古屋グランパス  
      (0−2)

 得点 24分 名古屋・藤本
    49分 名古屋・玉田
    73分 名古屋・永井
 
BS朝日の生中継。

左SBに石櫃。ここまでのアベショーの狙われ方を見てると、ACLではやむを得ない選択だなという感じ。石櫃もガンガンやり合って期待に応えていたと思う。左からの精度の高いクロスとか、そういうのはなかったけど、そもそもそういう攻めがいまいち機能してない現状だし。
CBでツリオを外してダニエルってのは、どういう意図だったのかな。特に問題はなかった感じで良かった。
天津が結構ラフに当たってきてたが、早い時間帯にかなり警告が出たので、慎重になったから、だいぶやりやすくなったんじゃないかな。
名古屋優勢で試合が進んで、20分頃に藤本の見事なループシュートで先制。前半は他にクロスバーに当たるシュートが2発。天津のシュートは枠に飛ばないミドルみたいなのしかなかった気がする。
後半も名古屋ペース。開始早々、自陣でダニウソンがボールを奪って持ち上がり、永井のクロスから玉田の見事なシュートで追加点。
そのあと、ちょっと緩んだ雰囲気になり、変な位置でボールを取られて(特に藤本が)危ない形になることが続いたが、天津のツメが甘くて助かった。で、30分頃に藤本のパスから永井が決めてダメ押し。

今年初めて気分のいい勝ち試合を見たな。ゴールはどれもきれいだったし。
やっぱり藤本がいるといないのとじゃ、攻撃が全然違う。
永井も積極的な攻め上がりが良かった。金崎はまだ微妙だったけど。
あとは相手にラッキーパンチが出なかったのがポイントだったかな(^^;)。そういうタイミングは何度もあったからねえ。ここまで、割とそういう感じでやられてることが多いから、たまにはそういう試合もないと。その辺も含めて、ようやく(といっても思ってたよりは早い)チームの風向きが変わってきたかもしれないな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »