« ACLグループL第3節 天津対名古屋 | トップページ | イースタンリーグ ヤクルト対巨人(4/8) »

J1リーグ第5節名古屋対鳥栖

2012.4.7(土) 14時 豊田スタジアム
観客 13824人 主審 井上知大 副審 平野伸一、川崎秋仁

 名古屋グランパス 1(1−0)0 サガン鳥栖  
          (0-0)    

 得点 27分 名古屋・永井

今年最初のホーム生観戦。

鳥栖をJ1で見るのは初めて。大宮のホームゲームでJ2をよく見てた頃は何度も見たが、もう8年見ていなかった。当時はゴツゴツした印象が割と好きなチームだったけど、当時の選手はもうきれいにいなくなってる。川前とか佐藤陽彦とか好きだったんだけど(彼らが居たのは、もっと前かも)。今日見た限りじゃ、スタイルも全然違う、普通のチームだった。丹念にチェックに来る勤勉な手堅いチームだけど、特に強いとか怖いとか、そういう飛び抜けた印象はなかったな。

でも、うちの中盤が今日はユルくて、そういう丹念なチェックをされると、全然球は回らないし、セカンドも拾えない。そんなにスピード感のあるチームではなかったから、大きな破綻なく対処は出来てたが、前半押し気味だったのは鳥栖の方だね。でも前半半ば、ダニウソンが左からゴール前に入れたクロスに、永井がうまく入り込んで合わせて先制しちゃった。
勝ってるとはいえ、前半低調だったから、ハーフタイムにカツが入って、ペースが上がるかと思いきや、後半の方がグダグダだったかもだ(^^;)。特に半ばくらいの時間帯は、ゴール前まで何度となく攻め込まれ、事故で失点しちゃいそうな雰囲気がプンプン漂っていたので、気が気でなかった。まあ、鳥栖も結構球あしらいのミスは多かったし、攻撃に関して、突出した特徴を持っているようでもなかったので、攻めきれなかった感じだな。名古屋が、まんまと逃げ切った。貫禄ってやつですかね(^^;)。

内容的には勝っただけに近い試合だったかも。でも天津での試合に引き続き、無事故(^^;)の完封だし、流れが来たかな、という雰囲気はあったよ。
1836087334_100
1836170501_236
1836170501_62

|

« ACLグループL第3節 天津対名古屋 | トップページ | イースタンリーグ ヤクルト対巨人(4/8) »

「名古屋グランパスエイト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/54425487

この記事へのトラックバック一覧です: J1リーグ第5節名古屋対鳥栖:

« ACLグループL第3節 天津対名古屋 | トップページ | イースタンリーグ ヤクルト対巨人(4/8) »