« セリーグ ヤクルト対巨人(4/21) | トップページ | ACLグループL第5節 城南対名古屋 »

J1リーグ第8節名古屋対浦和

2012.4.28(土) 13時 瑞穂陸上競技場
観客 18138人 主審 扇谷健司 副審 越智新次、武田光晴

 名古屋グランパス 1(1−1)2 浦和レッズ  
            (0-1)    

 得点 23分 浦和・マルシオ リシャルデス
    27分 名古屋・金崎
    68分 浦和・マルシオ リシャルデス

瑞穂で生観戦。
よく晴れてて暑くて、こんな好天の中で試合を見るのは久しぶりだったから、有り難かったけど、選手にしてみたら、唐突に暑い気候の中で試合をするのは難儀だろうな、とは思った。

名古屋が攻め込んで始まったが、それでベタ引きになった浦和をうまく崩せない。開始早々のCKからのビッグチャンスをツリオが決めてればなー。やっぱテンション上がり過ぎてたかなー。
逆に浦和のカウンターに裏を取られる危ない場面は度々。それをほとんど決め損なった浦和もたいがいだったけど、20分過ぎにマルシオ リシャルデスにはきっちり決められて先制された。やっぱり天敵だよ>(塩)。もっともその後も何度かあった決定機は全部ミスってたから、今日は(塩)終了かなと思ってたんだが…。
先制されたものの、すぐにムウのゴールで追いついた。崩したというより、浦和ディフェンスの隙間にこぼれたボールに走り込んで、よく決めたという感じ。今年のムウはああいう形で迷わず打って来て決める得点が多いよな。迷ってチャンスを逃す場面が段々減ってる気はする。
同点で後半。浦和の動きがガックリ落ちて、まあ名古屋も落ちてはいたけど、優勢な展開になったし、セットプレーで押し込んで得点の目もありそうな雰囲気になってきたから、いけるかなと思い始めてたんだが、そこで20分過ぎに浦和のカウンターからのクロスをハユマがペナルティ内で手に当ててしまう…。2回目の警告でハユマは退場、マルシオ リシャルデスのPKで、また勝ち越される。終了かな、と思ってたんだが、さすがにPKは…。
数的不利だし、玉田が足を痛めたみたいで下がってしまうし、見込み薄そうと思ったが、好機は何度か作った。でも決められない。数的不利になってからは、トップに据えたツリオにすべて託したみたいな攻め方になってたが、それでよかったのかな、という気もしないではない。ツリオのテンションにピクシーも引きずられたのかね。

結局、また自滅っぽい負け試合だったな。つまらねえなあ。
1841172409_211
1841172409_193

|

« セリーグ ヤクルト対巨人(4/21) | トップページ | ACLグループL第5節 城南対名古屋 »

「名古屋グランパスエイト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/54627024

この記事へのトラックバック一覧です: J1リーグ第8節名古屋対浦和:

« セリーグ ヤクルト対巨人(4/21) | トップページ | ACLグループL第5節 城南対名古屋 »