« J1リーグ第5節名古屋対鳥栖 | トップページ | セリーグ ヤクルト対DeNA(4/11) »

イースタンリーグ ヤクルト対巨人(4/8)

2012.4.8(日) 13時 戸田
G 100015001 8
S 400100020 7
[勝]真田 [S]福田 [負]太田

13時プレイボールのはずだったが、ぎりぎりで行ったら、もう始まってた(始まるのが見えた。いきなりエラーのランプが点いていた)。12時58分くらいにはスタートしてた気がする。

で、うちの先発は八木だったが、エラーとか、自身の牽制ミスとかでピンチを作り、中井の中前ポテンヒットで先制される。
巨人の先発は朝井で、これがヘタレな立上がり。先頭の三輪が四球で出て、1死後、福地、ユウイチ、松井淳の3連打で一気に3点。一人置いて、藤本のツーベースでもう1点。あっさり逆転。
ただ、八木は投球内容自体はそんなに悪くなかったと思う。朝井も、2-3回はそこそこ立直った感があったんだが、4回にヒットで出た藤本を西田がタイムリーで返して5点目。ここで朝井は辻内に交代。この辻内は2回2/3を好投した。
八木も5回はちょっとあっぷあっぷし始めて、ヒット2本で1失点(松本のタイムリーは、タカノリ取れないか?、という感じはあったけど)。6回も続投だったが、ショート三輪の野選で足を引っ張られたこともあり、1死満塁で降板。山本哲がリリーフで出たが、内野安打、四球押出しで2点失った後、円谷に逆転タイムリーをかっとばされる。3番手正田が後始末したものの、内野ゴロの間にさらに1点取られ、5-7になってしまった。
8回裏、巨人は4番手の星野が登板したが、ヒット2本とエラーで1死2-3塁。投手が真田に代わったが、麻生の内野ゴロでまず1点。楠城のツーベースで同点に追いつく。でも、代打野口が倒れて同点止まり。
9回表、7回から投げていた太田が、先頭の松本に四球。小野寺がリリーフして、2死を取ったが、そこで中井にレフトオーバーのタイムリーを打たれ、勝ち越される(これも、タカノリ取れなかったか?という感じはあったけど…)。9回裏は福田に3人で打ち取られて試合終了。

8回、無駄に追いついただけ、という感じになってしまった。試合時間が3時間半を超えてちまったんでねえ。風が冷たくて、かなり寒かったこともあり、もっと早く終って欲しかった(^^;。
それにしても、うちの投手は、まあ、こんなもんだろ、という出来だったが、バックが足を引っ張り過ぎたな。特にショート三輪。というか、三輪がショートを守るのは、初めて見たような気がする。守れるポジションを増やしたい意図なのかもしれないけど、今日の出来では正直無理。エラーがあったし、他にも野選や、もったいない判断ミスで、アウトを取り損なっていたはず。あぶなっかしい送球もあった。本気でショートを考えるんなら、相当修行が要りそうだ。
1836373131_231
1836391724_66
1836373131_126


|

« J1リーグ第5節名古屋対鳥栖 | トップページ | セリーグ ヤクルト対DeNA(4/11) »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/54425127

この記事へのトラックバック一覧です: イースタンリーグ ヤクルト対巨人(4/8):

« J1リーグ第5節名古屋対鳥栖 | トップページ | セリーグ ヤクルト対DeNA(4/11) »