« J1リーグ第11節神戸対名古屋 | トップページ | ACLグループL第6節 名古屋対セントラルコースト »

イースタンリーグ ヤクルト対ロッテ(5/13)

2012.5.13(日) 13時 戸田
M 310000000 4
S 100110000 3
[勝]小林 [S]南(昌) [負]ウーゴ

雨で試合が流れたりしたから、結局、ひと月ぶりの戸田。だもんで、バックネット裏で大規模な工事が始まってることも、全然知らなかった。狭っ苦しそうだったんで、1イニングだけはネット裏へ行ってみたけど、今日は基本的に土手上で見ていた。工事が終わると、観戦環境はどう変わるんだろうな。やたらとテンパってなくても、ふらっと行って問題なく見れる状態は維持して欲しいんだけどな。まあ、土手上なら、何も変わらず大丈夫なんだろうけど。
1844833501_138
試合の方は、うちがウーゴ、ロッテが小林の先発。プレイボール直後に着いた時点で1死1塁。そこからウーゴが、守備の連係ミスも絡んだが、2死満塁にした後、小池に走者一掃ツーベースを打たれた。その裏はうちの先頭の山田が、かなりレフト神戸のエラーくさいツーベースで出て、内野ゴロふたつで生還し、1-3。しかし2回表にウーゴが、荻野貴のヒットから細谷にタイムリーを打たれてまた3点差。ウーゴは3月に見た時は結構いいと思ってたが、今日はちょっとあっぷあっぷな感じ。3回以降もランナーを背負うピッチングが続いた。それでも6回に降板するまで、追加点を取られなかったのは悪くない。悪いなりになんとか出来るピッチャーなのかな?
打線は小林にスイスイ抑えられちゃってる感じだったが、4回に川本がツーベースの後、曲尾がタイムリーで返して2点差。5回には山田がヒットで出て、盗塁&キャッチャー悪送球で3進した後、ユウイチのタイムリーで還って1点差。一気に畳み掛けられれば、という感じだったけど、ここはしのがれ、小林はこの回で降板。
7回以降、うちの2番手以降の投手(山本哲、小野寺、松井光介)は結構好投して、追加点を許さなかったんだが、打線がロッテの救援投手に抑え込まれた。7回に先頭の山田が出て、タカノリの犠打失敗の後、盗塁で1死2塁にしたのが最大のチャンスだったが、ユウイチ、松井淳凡退で得点出来ず。3-4のまま敗戦。

にしても、うちの先発は10人のうち、4人が育成だし、ある程度キャリアがあるのはユウイチと川本くらい。故障者が相次いで、怪我してないめぼしい選手はあらかた1軍に出払ってるから、いかにも戦力的にキツイなあ、という感じではあった。今月に入って1勝5敗1分ってのも、しょうがないかも。
1844833501_144
1844833501_117

|

« J1リーグ第11節神戸対名古屋 | トップページ | ACLグループL第6節 名古屋対セントラルコースト »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/54705002

この記事へのトラックバック一覧です: イースタンリーグ ヤクルト対ロッテ(5/13):

« J1リーグ第11節神戸対名古屋 | トップページ | ACLグループL第6節 名古屋対セントラルコースト »