« J1リーグ第12節仙台対名古屋 | トップページ | J1リーグ第13節名古屋対C大阪 »

交流戦 ヤクルト対オリックス(5/20)

2012.5.20(日) 18時 神宮
B 010010002 4
S 000100000 1
[勝]平野 [S]岸田 [敗]館山

球場に入ろうとした所で、上から落ちてきた鳥のフンが左肩直撃。おかげで、シャツ洗ったりしてて、試合開始直前までバタバタ。

試合もショッパかった。

うちの先発館山は、彼にしては制球いまいちだし、球速も出てなかった。もっとも、今季は初めて館山を見たので、今はこんな感じなのかもしれないが。なんといっても、血行障害治療の手術明けのシーズンで、開幕に間に合ったのが驚異なくらいなんだから。
その館山が2回にバルディリスに一発食らって先制される。
打線はオリックス先発の西を打ちあぐねてたが、4回にヒットと2死球で2死満塁。相川が四球を選んで押し出し。でも森岡凡退で同点止まり。
直後の5回に今度は館山がヒットと2四死球で1死満塁のピンチを作る。代打T-岡田の当たりは遊ゴロ。ゲッツー、と思った瞬間、森岡がファンブル。強い当たりではあったが…。2封で1死は取ったが、また1点勝ち越される。
6回裏、オリックス2番手塚原を攻めて、四球と畠山・慎也の連打で1死満塁。しかしリリーフ香月に相川と代打藤本が打ち取られて逸機。
あとは淡々と進んだが、9回表、うちの3番手押本が、大引に四球の後、李大浩にバックスクリーン横に放り込まれて3点差。すでに9時を回っていたので、9回表終わった所で撤退。今日は点を取れそうな気配がまるでなかったから、9回裏に4点以上取れるなんて、まるで考えられなかったし。
で、そのまま負けた。

館山は良くなかったにしても、7回2失点だからねえ。点を取ってやらん方が悪いわ。それにしても14点取ったのはたった4日前なんだけどね。
西、塚原あたりは、そんなに大した球を放ってるようには見えなかったんだが。やっぱり打線は水物ということか。

やれやれ。
1846516662_93
1846516662_45

|

« J1リーグ第12節仙台対名古屋 | トップページ | J1リーグ第13節名古屋対C大阪 »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/54805637

この記事へのトラックバック一覧です: 交流戦 ヤクルト対オリックス(5/20):

« J1リーグ第12節仙台対名古屋 | トップページ | J1リーグ第13節名古屋対C大阪 »