« ACLRound16 アデレードユナイテッド対名古屋 | トップページ | 「バッド・ティーチャー」 »

交流戦 ヤクルト対日本ハム(5/30)

2012.5.30(水) 18時 神宮
F 010000000 1
S 000000000 0
[勝]吉川 [S]武田久 [敗]赤川

宮本慎也2000本安打の記念試合。達成試合の半券で、通常4500円のS指定が2000円。そりゃあ、行くしかないでしょう、ということでS指定。さすがに見やすい席で、4500円と言われればためらうが、2000円なら全然その値打ちはある。

2000本安打記念のセレモニーは盛り沢山。稲葉も合わせての花束贈呈に野村さんが出てきたのは、結構びっくりしたし、良かったと思ったよ。5回に名球会ブレザーを持ってきたのが若松さんてのも気が利いている。

気が利いてないのは、宮本以外の野手たちだ。
先発の赤川は、まずまずの立ち上がりを見せたが、日本ハム吉川が、結構ぼろい感じだったのに打ち崩せない。初回、ミレッジが出て無死1塁で、ヒロヤスが犠打でなく強行に行ったのは、自分の判断? サイン? 結果ゲッツー、しかも後続の川端(おかえり)、畠山に連打が出たから、きっちり送ってさえいれば、ということになってしまった。3安打打っても1点も取れなかったこの回がケチのつき始め。
2回表には、中田のヒット、稲葉の死球、金子誠のタイムリーで、赤川があっさり先制されてしまう。ただ、ここでボロボロになりそうでならなくて、1失点で踏みとどまり、次第に調子を上げて7回まで1点に抑えたのは、評価に値すると思う。
打線は相変わらずチャンスを作っても得点できない繰り返し。4回は2死満塁にするが打順は赤川で内野ゴロで無得点、6回には2死1-2塁で相川のレフト前で野口が本塁へ突っ込んだが、中田の返球が良くて、楽勝で本塁でアウト。外野へ抜けそうな打球を田中賢介にファインプレーされたり、ツキもなかったとはいえるけどねえ。
今日の主役の慎也は頑張って猛打賞だったんだが、それを全く生かせないまま、0-1で終了。

10連敗。出口が見えない感じだな。まあ、川端の復帰は好材料ではあるけれど。打撃・守備とも、ブランクを感じさせない動きではあったと思うが。

それにしても、9回で決着した0-1なのに、試合時間が3時間半を超えるってのは…。無駄に長い試合だったよな。
1848943280_8
1848943280_139
1848943280_103

|

« ACLRound16 アデレードユナイテッド対名古屋 | トップページ | 「バッド・ティーチャー」 »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/54846393

この記事へのトラックバック一覧です: 交流戦 ヤクルト対日本ハム(5/30):

« ACLRound16 アデレードユナイテッド対名古屋 | トップページ | 「バッド・ティーチャー」 »