« 交流戦 ヤクルト対オリックス(5/20) | トップページ | 感想「楊令伝」12 »

J1リーグ第13節名古屋対C大阪

2012.5.25(金) 19時半 豊田スタジアム
観客 16657人 主審 東城穣  副審 岡野宇広、小椋剛

 名古屋グランパス 0(0−0)1 セレッソ大阪  
            (0-1)    

 得点 49分 大阪・ケンペス

 退場 60分 大阪・播戸

この後、ACLのアデレード戦はあったが、リーグ戦中断前最後の試合。JSPORTSの録画中継の録画。鹿島戦前になんとか追いついたっと。

0対1で負けた結果だけは知ってた。
序盤は五分っぽかったが、相次ぐ故障者でワンボランチに入った田口が、いっぱいいっぱい。本人が一所懸命なのは見て取れて、アイデアも悪くなかったし、ツリオがかなり気を配ってる様子もあったけど、やっぱりそこが穴になってた感じで、すぐにセレッソが主導権を握る試合になった。ショートパスを確実に速く繋いで組み立てるセレッソに対して、名古屋は後手後手。ただ、セレッソがゴール前で決めきれなかったので、前半の終盤にかけては、不正確なロングパスが攻撃の主体の名古屋も付け入る隙が出来た。たまたまでもなんでも、ロングパスが通りさえすれば、チャンスは作れたので。前半は、内容はともかく、勝ち味という点では、まあ、五分かなという印象。シュート数は圧倒的に負けてたが。

後半序盤、中盤でのパスカットからカウンターを食らう。左サイドをキムボギュンにえぐられ、中へ折り返し。ゴール正面で待ち構えた黒木のシュートはかすっただけのミスになったが、そのこぼれ球がケンペスの前にこぼれて、決められる。黒木のミスショットが、災い転じて福となった感じ。普通に打たれてたら、止めてたんじゃないかなあ。
それから10分ほどして、名古屋ゴール前へのボールに播戸が足から飛び込み、楢崎を蹴る形。播戸に2回目の警告が出て退場。播戸はちょっとアンラッキーだったけど、結果的には名古屋もアンラッキーだったかもしれない。数的不利になって、守備的になったセレッソを崩し切れないお馴染みの形。
引かれたおかげで、決定機は結構何度か作って、追いついていてもおかしくない展開ではあったけど、そこで追いつけない、シュートが入らないのが、今の名古屋だよな。

ただ、そんなに大して良かったわけでもないが、底は打ったのかなあという気はしないでもない試合。退場者が出た関係もあるし、セレッソの出来がそんなに良かったとも思えないから、割り引いて考える必要はあるんだろうけど。まあ、調子が悪かろうが何だろうが、ジョシュアが居るだけで違う、ということなんだろうけどな、きっと。

あとはやっぱり、全体的にツキはない。そこは2010年に使い果たしたと思って、基本的にはあきらめるしかないだろうと思ってる(^^;)

まあ、だいぶインターバルがあったから、今日の鹿島戦は全然別の試合だよな。いい方に別であることを祈る(^^;)

ちなみにこの試合は、ACLとの日程を考えて、金曜夜のトヨスタ開催にしたんだろうが、おそらくそのせいでお客さんが少なかった。そんな工夫も、R16がビジターで、しかも負けちゃったから、単に観客を減らしただけになっちまった感じ。
(2012.6.16)

|

« 交流戦 ヤクルト対オリックス(5/20) | トップページ | 感想「楊令伝」12 »

「名古屋グランパスエイト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/55044761

この記事へのトラックバック一覧です: J1リーグ第13節名古屋対C大阪:

« 交流戦 ヤクルト対オリックス(5/20) | トップページ | 感想「楊令伝」12 »