« J1リーグ第14節鹿島対名古屋 | トップページ | 交流戦 ヤクルト対ロッテ(6/20) »

ヤクルト対フューチャーズ(6/17)

2012.6.17(日) 13時 戸田
S  000000101 2
FT 001000000 1

今年初めてのフューチャーズ戦観戦。
1852906455_211
スワローズの先発は徳山で、いきなりツーベースと野選で無死1-3塁としたが、切り抜ける。2回もヒットは打たれたが無失点。でも3回に、四球のランナーを出して、鬼屋敷(巨人)にツーベースを打たれ、守備の連係が悪かったせいもあるが、失点。4回は3人で抑えて降板。まあまあ、という感じか。
打線は、田中太(巨人)→成瀬(巨人)→黒沢(ロッテ)の2回単位の継投に対して沈黙。3塁を踏めない。メンバー見て、育成ばっかりだからなあ、と思いかけ、先日見たイースタンの試合を考えると、実はそんなにメンツが変わっていたわけでもないことに気付いた。言い訳にならん(^^;。ようやく7回に、岩尾(西武)から、1死後、西田がツーベースを打ち、これを水野がタイムリーで返し、同点。
投手陣は、5回以降は毎回交代。太田→松岡→一場→小野寺とパーフェクト。
9回表、フューチャーズが出してきた松家(日本ハム)に対し、2死後、曲尾がレフトへホームランを放り込み、劇的な勝ち越し。曲尾はここまで3三振だったから、ほっとしたんじゃないかな。
9回裏は上野が登板し、相変わらずの制球難ながら、力づくで抑え込んだ感じで無失点で切り抜け、2-1でスワローズの勝ち。

フューチャーズ戦の勝ち負けはどうでもいいと思ってるが、マイケのホームランは良かったね。あと、結構無茶な内野のメンバーだったが、連係などはともかく、エラーがなかったのが良かった。みんな、だんだんうまくなってはいるかな。
昨年のドラフト1位の川上が9番センターで先発していて、試合に出ているのを初めて見た。四球ひとつとヒット1本。守備はちょっともたついてたが、悪くはなかった。でもまあ、これからだね。

それはそうと、2審制の試合だったが、さすがに結構厳しい感じ。そこは審判、見えてないだろ、という場面が、ところどころあった。まあ、条件は双方イーブンだし、文句言ってもしょうがないけど。

復活したマツケンの登板もあったし、そう考えてみると、いろいろ見どころがあった試合ではあった。見に行った甲斐はあったな。
1852906455_76

|

« J1リーグ第14節鹿島対名古屋 | トップページ | 交流戦 ヤクルト対ロッテ(6/20) »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/54991179

この記事へのトラックバック一覧です: ヤクルト対フューチャーズ(6/17):

« J1リーグ第14節鹿島対名古屋 | トップページ | 交流戦 ヤクルト対ロッテ(6/20) »