« J1リーグ第15節名古屋対磐田 | トップページ | イースタンリーグ ヤクルト対DeNA(6/24) »

セリーグ 巨人対ヤクルト(6/23)

2012.6.23(土) 18時 東京ドーム
S 300010000 4
G 00040111X 7
[勝]マシソン [S]西村 [敗]山本哲
[H]S:バレンティン(澤村)

ダブルヘッダー第2試合。
基本的には、これを入手するために行ったようなものだったが…(^^;。
1854328906_185

村中と澤村の先発。1回表、いきなりミレッジの四球から川端のタイムリーで先制。さらにバレンティンのツーランで3点先制。
村中は3回途中から怪しくなり始め、4回に3四球にヒット3本、最終的には長野のタイムリーで逆転されちゃう。
澤村は4回に代打が出たので巨人は5回から田原。代打森岡が四球で出て、ミレッジのヒットで3塁へ進み、ヒロヤスのスクイズで同点。ここで次の川端にタイムリーが出て勝ち越していれば…。高木京に打ち取られて同点止まり。ここがポイントだったかと。
5回からうちは山本哲が出たが、6回にエドガーのツーベースを加治前に返され、勝ち越される。7回には阿部のスリーベースを由伸の犠飛で返される。8回には押本が長野のヒット→盗塁→相川悪送球→坂本タイムリーで、また1点。
打線は巨人が6回から出したマシソンの150キロ前後の速球に押されまくって失速。最後は山口、西村の継投に完全に抑えられ、4対7の敗戦。

今の村中はあんなもんだろうなあ。ただ、4回途中じゃさすがに代えられないよなあ。本人の奮起を待つしかないか。あと、日高は少し休ませた方がいいんじゃないだろうか。ここんとこリリーフ失敗ばっかり見てる気がする。いっぱいいっぱいになりかかってるんじゃないのか。とはいうものの、代わりも居ないか。昼のマツケンを見た後では…。でも、マツケンは1軍に上げるんだろう。
で、結局、得点はバレンティン頼みなんだなあ、やっぱり。
1854232459_242
1854232459_239

|

« J1リーグ第15節名古屋対磐田 | トップページ | イースタンリーグ ヤクルト対DeNA(6/24) »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/55039008

この記事へのトラックバック一覧です: セリーグ 巨人対ヤクルト(6/23):

« J1リーグ第15節名古屋対磐田 | トップページ | イースタンリーグ ヤクルト対DeNA(6/24) »