« 交流戦 ヤクルト対ロッテ(6/20) | トップページ | J1リーグ第15節名古屋対磐田 »

イースタンリーグ ヤクルト対DeNA(6/23)

2012.6.23(土) 13時 戸田
B 002004300 9
S 000000000 0
[勝]山本 [負]加藤
[H]B:北(山岸)、後藤(松岡)

先発はうちが加藤、DeNAが山本。加藤って、いい記憶がほとんどないから、ダメかなと思ったが、1‐2回は好投。そういやあ横須賀で見た今年の開幕戦も割と良かったんだっけ、と思い出した矢先の3回に、四球とツーベースで作ったピンチからバッテリーエラーと渡辺直のタイムリーで2失点。渡辺、2軍なのか。
打線は1‐2回、それぞれ2安打だったが拙攻で物に出来ず、3回以降調子を上げた山本を攻略出来ない。
ヤクルトは4回から継投。4回の木谷はまずまずだったが、5回の山岸は不安定で6回に捕まる。それでも、今日、意外にも(^^;)手堅い守備を見せていたサード又野、セカンド北野の守備ミスが連発しなければ、無失点で切り抜けていた可能性も…。実際は北のツーラン含め4失点。
さらに7回、マツケンがヒットと死球でランナーをためて、後藤にスリーラン。0対9。8回木下、9回上野が、特に上野は3四球でヘロヘロながらも無失点で切り抜けたが、この点差では。
DeNAは6回から小林寛、9回は江尻を出してきて、ヒットは打てたが全部散発。得点の気配なく、完封負け。

まあ、今の2軍のこの戦力じゃなあという感はあるが…。又野と北野を先発の内野手に使ってる(使わざるを得ない?)時点で、勝ち目は相当低くなると思う。もっとも彼らも、最初に見た時に比べれば、随分うまくなってはいる、とは思うけどねえ。

そういえば、木下は初見だったと思う。1イニングしか見てないが、まあまあ。
1854174136_134
1854174136_212

|

« 交流戦 ヤクルト対ロッテ(6/20) | トップページ | J1リーグ第15節名古屋対磐田 »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/55038957

この記事へのトラックバック一覧です: イースタンリーグ ヤクルト対DeNA(6/23):

« 交流戦 ヤクルト対ロッテ(6/20) | トップページ | J1リーグ第15節名古屋対磐田 »