« セリーグ 巨人対ヤクルト(6/23) | トップページ | J1リーグ第9節G大阪対名古屋 »

イースタンリーグ ヤクルト対DeNA(6/24)

2012.6.24(日) 13時 戸田
B 100000010 2
S 000001000 1
[勝]王溢正 [S]小林太 [負]阿部

到着は14時で1時間遅れ。スコアボードを見ると、4回裏に入る所で、初回に1失点していたが、その後、そんなに荒れた気配もなかった。
先発はうちが中澤で、DeNAが王溢正。中澤の方が、やや球がばらけ気味で、はっきり分かるボール球が多過ぎるような気はしたが、それなりに抑えていた。王にも抑えられていたんだけど、6回にユウイチの平凡な二ゴロをセカンド桑原が悪送球(? ちょうど死角に入って、よく見えなかった。ファースト・ルイーズの捕球ミスだった可能性もある)。しかも、そのボールが外へ出ちゃったか何かしたらしい(これも死角で見えなかった)。ユウイチは二塁まで進塁。これを楠城がタイムリーで返して、ちょっとラッキーな同点。
中澤は7回まで投げて交代。12日に楽天戦で見た時は、本当にひどかったが、今日、3イニング見た範囲では、あの時よりかなりマシだった。ただ、1軍どうこうというレベルでは、まだないような気がする。
代わって8回に阿部が登板したものの、いきなり渡辺直、ルイーズに連打を食らう。1死後、久古に交代。久古は内藤に一塁強襲ヒットを打たれ、渡辺が還って勝ち越される。ただ、後続は断ったし(DeNAがダブルスチールを仕掛けてきたのに、キャッチャーの水野がうまく対処したというのもあったが)、投球自体は割と良かった印象。
8回裏、先頭の北野がヒットで出たが、次の荒木のバント見送り→北野の単独スチールになったのが、荒木の守備妨害を取られ、1死1塁になる。さらにユウイチゲッツーでおしまい。
9回表は小野寺→渡辺で0点。9回裏、DeNAは王に代えて小林太。先頭の楠城が四球で出たものの、後が続かず試合終了。1-2で負け。

守備妨害は、ちょっとどうかな(普通にバントを見送っただけじゃねえ?)、という感じで、真中監督も抗議してたんだけど、まあ、覆るわけもなく。
それにしても、昨日同様、勝ち目の薄いチームだな、という感じだった。又野・北野は、今日もきっちり、守備でミスってたし。
1854444766_17
1854444766_50


|

« セリーグ 巨人対ヤクルト(6/23) | トップページ | J1リーグ第9節G大阪対名古屋 »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/55044382

この記事へのトラックバック一覧です: イースタンリーグ ヤクルト対DeNA(6/24):

« セリーグ 巨人対ヤクルト(6/23) | トップページ | J1リーグ第9節G大阪対名古屋 »