« イースタンリーグ ヤクルト対楽天(6/12) | トップページ | ヤクルト対フューチャーズ(6/17) »

J1リーグ第14節鹿島対名古屋

2012.6.16(土) 18時半 カシマスタジアム
観客 15010人 主審 村上伸次 副審 岡野尚史、聳城巧

 鹿島アントラーズ 2(1−0)3 名古屋グランパス  
            (1-3)    

 得点 44分 鹿島・興梠
    59分 名古屋・永井
    66分 名古屋・金崎
    77分 鹿島・本山
    86分 名古屋・永井

霧雨状態の中での試合。最後の方は、霧がかなり下の方まで降りて来ていた。

前半の出来は最悪。中断前よりひどい、凡ミスの山。特にゴール前でのDFのスルー連発は…。鹿島が得点してないのが不思議なくらいで、要はそれだけ鹿島もダメだったっちゅうことなんだけど。
特にボランチ起用のダニエル。ボランチやれるのか?と思ったが、やれてなかった。ほとんど何の役にも立ってなかった。
で、前半終了間際、増川のユルい前へのバスをカットされ(この試合、増川はそこまでに同じようなミスを2‐3回やってたが、鹿島に救われていた)、とうとうコウロギに決められる。
後半、増川OUT、田口IN。田口はボランチに入り、ダニエルがバックラインに下がる。田口がボランチらしい、前を向いたプレーを始めると、それだけで、にわかにチームが活気付く。まあ、ハーフタイムにオヤジに怒鳴られたのかもしらんけど、そういう効果らしきものも、近頃はご無沙汰だったし。
14分に、永井がシュートを突き刺して同点。さらに21分、ゴール前に入ったボールにムウが詰めて、きっちり押し込んで逆転。
そこで鹿島は小笠原を引っ込めて本山。32分、前線でうまく繋がれ、その本山に蹴り込まれて同点。
名古屋に来ていた流れが、本山が入ったあたりからちょっと鹿島に行ってしまっていたような。結局、引き分けでしのぐ試合かなと思いかけたが、名古屋の勢いはまだ死んでなかった。巻を投入すると、戦術的に機能してたかどうかはともかく、前でボールに絡もうという動きを巻はしたし、40分過ぎ、永井が持ち込んで、ゴール前に入ったボールを、ジョシュアと巻がかぶりながらごちゃごちゃして、外へボールが流れると、永井が拾って蹴り込んで、勝ち越しゴール。
その後、セットプレーはあったものの、名古屋が割と落ち着いてコントロールしたまま、試合終了の笛を聞いた感じ。

後半の名古屋は、鹿島の不出来は差し引くにしても、悪くない試合をしたと思う。あれだけ酷い前半を見た後で、ここまでいい気分で帰れるとはね。こんなに気持ちが入ったのは久しぶりだわ(^^;)。
この勢いを続けて欲しいねえ。オヤジはご機嫌で、試合後、ゴール裏に来て、ピクシーアレとかやってたが、そもそもダニエルをボランチに起用して、グチャグチャの前半を演出したのも自分だからなあ。そこんとこはきっちり、押さえといて欲しいわ>オヤジ。

それにしても、鹿島は重症ぽいなあ。うちもまだ、他人の事を言ってられる状況でもないが。
1852720645_168
1852720645_87

|

« イースタンリーグ ヤクルト対楽天(6/12) | トップページ | ヤクルト対フューチャーズ(6/17) »

「名古屋グランパスエイト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/54991311

この記事へのトラックバック一覧です: J1リーグ第14節鹿島対名古屋:

« イースタンリーグ ヤクルト対楽天(6/12) | トップページ | ヤクルト対フューチャーズ(6/17) »