« セリーグ ヤクルト対阪神(6/29) | トップページ | セリーグ ヤクルト対中日(7/4) »

J1リーグ第16節横浜対名古屋

2012.6.30(土) 18時 日産スタジアム
観客 26133人 主審 松村和彦 副審 田中利幸、木川田博信

 横浜F・マリノス 1(0−0)1 名古屋グランパス  
            (1-1)    

 得点 53分横浜・マルキーニョス
    83分 名古屋・永井

日産スタジアムで現地観戦。

前半は割と優位に試合を運んでたとおもう。磐田やガンバみたいに、スピードでサイドをえぐって来るような攻めがほとんどなくて、割と余裕を持ってディフェンスが対応出来ていた。ナラが故障でGK義成だから、不安があっただけに助かった。攻撃は、あんまりパッとしなかったものの、永井のミドルと藤本の直接FKが枠にとんだが飯倉の好守に弾かれたってことで、まあこんなもんか、というレベルではあったと思う。淡々とした前半。
後半の早い時間に試合が動く。藤本がマルキにボールを奪われ(訂正:奪ったのは小野で、そこからマルキヘボールが出た)ゴールへ一直線。あーあ、みたいな。藤本はその後も不用意なボールロストを繰り返したが、セットプレー一発で得点するためには外せないんだよなあ。その代わり、小川、田口、金崎と外して、代わりに増川、ダニウソン、巻。選手のサイズは巨大化したが、意思疎通は悪化、でかさに頼った不毛な攻撃が続く。
でも80分くらいに、藤本のパスの誰か(^^;)の折り返しに目下好調の永井が入り込んで、きっちりシュートを決めて同点。
その後、勢いづいて逆転出来そうな雰囲気はあったんだけど、そこまで。

よく追いついた、という感はあるので、そういう意味では負けなくて良かったという試合。ただ、元々は押し気味に試合を進めていたのに、ミスから失点しているわけで、それを考えると、喜べる結果でもないよな、という感じ。
マリノスの決定機は、結局マルキの得点シーン以外はなかった? マリノスもちょっと物足りない感じじゃなかったかな。中村俊がいないから? ただ、監督が、大宮では何も出来なかった樋口だよな、とは思うんだけど。
1855728248_254
1855728248_77
1855728248_189

|

« セリーグ ヤクルト対阪神(6/29) | トップページ | セリーグ ヤクルト対中日(7/4) »

「名古屋グランパスエイト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/55093589

この記事へのトラックバック一覧です: J1リーグ第16節横浜対名古屋:

« セリーグ ヤクルト対阪神(6/29) | トップページ | セリーグ ヤクルト対中日(7/4) »