« JFL第21節横河対HOYO大分 | トップページ | ナビスコ杯準々決勝第1戦清水対名古屋 »

セリーグ ヤクルト対広島(7/25)

2012.7.25(水) 18時 神宮
C 0000001000 1
S 0010000000 1
[H]S:ミレッジ(バリントン)、C:堂林(石川)

オールスター明け初戦。
石川とバリントンの投げ合いで、双方ヒットは打つもののチャンスを潰し合う立ち上がり。
3回裏にミレッジのホームランでヤクルトが先制するが、4回裏2死1-2塁の相川ライト前でセカンドランナーは3塁ストップ。ライトがもたついていたし、次打者は石川なんだから、あそこはイチかバチかで突っ込む手だったよなあ。結局石川は凡退で逸機。このあと、さっぱりチャンスが作れなくなった。
石川はランナーを出しながらも凌ぐ、らしいピッチングが出来てたと思うが、ホームランを打たれてしまうと凌ぎようがない…。7回に堂林にバックスクリーン弾を食らって同点。ただまあ、今日は石川は責められないね。
7回以降は広島が勢いづいて、毎回のように得点圏にランナーを置かれたが、日高→山哲→押本→増渕のリレーは、なんとか凌ぐ。
打線は8回に久々に1死2塁を作ったが、畠山・バレンティンが凡退。
1対1で延長に入った10回は、2死1-2塁から畠山ライト前もセカンドランナー3塁ストップ(ここは完全に、突っ込んだらアウトのタイミングだったんでしょうがない)。バレンティン凡退で引き分け終了。

勝率5割同士の試合にふさわしい結果と思えなくもないが…。
オールスターで活躍を見せたといっても、やっぱり、所詮エキシビジョンだよなあ>畠山、バレンティン
まだまだすっきりした勝ち試合は見れなそうだ。
1860964538_220
1860964538_174
1860964538_210

|

« JFL第21節横河対HOYO大分 | トップページ | ナビスコ杯準々決勝第1戦清水対名古屋 »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/55280243

この記事へのトラックバック一覧です: セリーグ ヤクルト対広島(7/25):

« JFL第21節横河対HOYO大分 | トップページ | ナビスコ杯準々決勝第1戦清水対名古屋 »