« セリーグ DeNA対ヤクルト(7/18) | トップページ | セリーグ ヤクルト対広島(7/25) »

JFL第21節横河対HOYO大分

2012.7.22(日) 18時 西が丘
観客 487人 主審 林可人

 横河武蔵野 0(0−2)4 HOYO大分
        (0−2)

 得点 18分 HOYO・中嶋
    39分 HOYO・田中
    63分 HOYO・堀
    90分 HOYO・生口

立ち上がりは横河が持ち味のパス回しのうまさを見せて、攻め込んでた感じだったけど、大分はピッチ全体に選手がいい距離感で散らばっていたし、横河の揺さぶりにもあまり反応せず、穴が開かなかった。横河が攻めあぐんでるうちに、大分のパワーとスピードを使った力づくっぽい仕掛けが奏功し始め、前半半ばにCKからのこぼれを押し込んで先制。以降は流れが大分に移り、前半終了まで大分ペース。終盤にはCKから追加点を上げて、大分2点リードで折り返し。
後半も前半と同じような展開。序盤は横河が押したが、大分が持ちこたえて逆に3点目を取ると、後は大分ペース。終了間際に大分に追加点が入ったのも一緒。4対0の大分勝利。

技術的には大分より横河の方がうまいくらいじゃないかと思ったが、横河がパス回しで終わってしまいがちだったのに対して、勝負所で一気にゴールへ攻め込むことが出来てた大分が、力強さで上回っていた感じ。
横河は出場メンバーの経験の浅さも影響したのかな。理由は分からないが、先発から外れてベンチに座ったきりだった瀬田や常盤がピッチに居れば、いくらか違ったんじゃないかという気はしたんだが。他にもなぜこのメンバーなんだろうという所があったな。チーム事情を知らないから何とも言えないが。
今季昇格の大分は初見で、バランスの取れたいいチームという印象だった。ただ、順位が低いことから考えると(この日の大勝で横河とは肩を並べたはず)、何か飛び抜けた売りみたいなものが欠けているのかもしれない。

1860364117_254
1860364117_41
1860364117_84

|

« セリーグ DeNA対ヤクルト(7/18) | トップページ | セリーグ ヤクルト対広島(7/25) »

JFL」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/55280278

この記事へのトラックバック一覧です: JFL第21節横河対HOYO大分:

« セリーグ DeNA対ヤクルト(7/18) | トップページ | セリーグ ヤクルト対広島(7/25) »