« 感想 「世界の陰謀論を読み解く」 | トップページ | トップリーグ第1節リコー対パナソニック »

感想 「楊令伝」15

「楊令伝」15 北方謙三 集英社文庫
最終巻。
前の巻で、おおむね戦闘はケリがついたのかなと思っていたら、南宋も結構しぶとく、激しい戦いは続いて死人も次々出る。ああ、彼も死んじゃうんだ、みたいな人物もいくらか。ちょっとさびしかったりする。
しかも洪水は来るわ、今まで引かれていた伏線は発動するわ、艱難辛苦が次々、梁山泊に向かってくるが、それを全部乗り越えて、さあ、という所で…。
まあ、これ以上の終わり方は、ちょっと考えられないだろう。鮮やかだ。ちょっと「武王の門」を思わせるが。
それにしても、続編ありきの話になってしまっているので、最終巻の位置付けが難しいかなと思っていたが、うまくまとめたのは、さすがに北方。

で、最後の最後にとことん追いつめられた岳飛を、次の中心人物として新たなシリーズが始まるわけだ。ここまで追いつめられたのをバネにして乗り越えるのなら、とんでもない英雄になりそうだが、そういう話なんだろうか。それは読んでのお楽しみか。

|

« 感想 「世界の陰謀論を読み解く」 | トップページ | トップリーグ第1節リコー対パナソニック »

「小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/55537613

この記事へのトラックバック一覧です: 感想 「楊令伝」15:

« 感想 「世界の陰謀論を読み解く」 | トップページ | トップリーグ第1節リコー対パナソニック »