« J1リーグ第23節川崎対名古屋 | トップページ | セリーグ ヤクルト対広島(8/29) »

イースタンリーグ 日本ハム対ヤクルト(8/26)

2012.8.26(日) 13時 鎌ヶ谷
S 003302007 15
F 000011110 4
[勝]徳山、[敗]上沢
[H]S:水田(上沢)

今年2度目の鎌ヶ谷。相変わらずイベントてんこ盛りだが、夏休みも終わりという淋しさがどことなく感じられ。

先発はうちが徳山でハムは上沢。
上沢がいい制球で投げていて、苦労するかなと思ったんだけど、3回先頭の西田の三ゴロを今浪がエラーしたのをきっかけに(というか2巡目に入ったからかな)、ヒットが続くようになり、ユウイチの内野ゴロで先制。松井淳、雄平のタイムリーも続いて3点先行。4回も水田のホームランにユウイチの2点タイムリーで6‐0として、上沢をKO。6回にも四球連発の若竹に対して、2死満塁から雄平が2点タイムリー。
徳山は割と評判がいいんだが、自分では多分6月にフューチャーズ戦で見たきりで、その時の印象があまり良くなかったから、どうなんかなと思ってたが、3回までは低めの制球が安定した、いいピッチングをしていた。4回になると球がばらつき始め、5回6回と1失点。それでも大量リードがあるから、と思ってたが、7回に無死2-3塁とした所で交代。課題は長いイニングの安定感? ウーゴは長いイニングもそれなりにまとめて来る印象があるから、支配下登録されたかどうかは、その辺の差なのかな? ただ、悪くないピッチングが出来るピッチャーだということは分かった。
7回は正田がリリーフして1点に抑え、8回も渡辺が西田のミス絡みで1失点はしたものの、無難に抑え、そのまま終わるかなと思ったら、9回表にハムが出してきた運天がめちゃくちゃ。
打者6人に4安打2四球で、1死も取れず榎下に交代。榎下も流れを止められず、今浪の今日2個目のエラーも絡んで、30分も攻撃が続き、この回7点で15‐4。
あとは9回裏をさっさと終わらせて、と思えば、今度は増渕がストライクが入らない。エラーもあったが、四球2つで2死満塁。それでも最後は紺田を三振に取って終了。
9回だけで50分くらいやってた感じで、3時間半の長い試合になっちゃった。

故障明け調整中の慎也がさすがの守備を見せたり、松井淳に復調の気配が見えたり、見所はあったんだが、9回のグダグダで印象が薄れちゃったな(^^;)
でもまあ、勝ち試合を見れたから良かった。鎌ヶ谷での勝ち試合見たのって、かなり久々のような気がする(勘違いかもしれないが)。まあ、平均して、年1度くらいしか行っていないので。
1867260116_55
1867260116_71

|

« J1リーグ第23節川崎対名古屋 | トップページ | セリーグ ヤクルト対広島(8/29) »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/55515532

この記事へのトラックバック一覧です: イースタンリーグ 日本ハム対ヤクルト(8/26):

« J1リーグ第23節川崎対名古屋 | トップページ | セリーグ ヤクルト対広島(8/29) »