« セリーグ ヤクルト対阪神(8/17) | トップページ | セリーグ ヤクルト対阪神(8/18) »

J1リーグ第22節名古屋対G大阪

2012.8.18(土) 19時 豊田スタジアム
観客 30354人 主審 家本政明 副審 山口博司、聳城巧

 名古屋グランパス 0(0-2)5 ガンバ大阪
           (0-3)

 得点 38分 大阪・レアンドロ
    43分 大阪・遠藤(PK)
    68分 大阪・今野
    70分 大阪・佐藤
    83分 大阪・パウリーニョ

 退場 42分 名古屋・増川

JSPORTSの録画。やっと見た。

20周年記念試合という位置付けで、試合前にドリームイレブンの発表とかやってたみたいだけど、なんで本田圭と吉田麻が入ってるんだか。彼らは別に、名古屋では、そんな大した実績は残してないと思うし、本田はともかく、吉田に関しては、名古屋以降も、単にヨーロッパに居るというだけで、かなり微妙だと思うんだが。
ただ、じゃあ誰?と言われると、だな。ああいう経緯がなければ、DFは吉田じゃなくて大岩だろうけど。MFは平野かな。ああいうことがなければ…。

惨敗した試合だけど、前半40分過ぎまでは普通の試合だったと思う。ガンバの速く繋いでくるカウンターはゴール前でちょっと物騒な感じだったけど、名古屋も大きくボールを動かした所から得点機を作っていたし、展開としては五分だったんじゃないかな。
35分過ぎにCKから失点したが、これもたまたま、ガンバが先に得点したという以上のものではなかったかと。でもそこで増川が…。
自分のパスミスから持ってかれたのをカバーしようとしての退場&PKだから、弁解の余地なしだよなあ。今年の増川は本当に変。どうしちまったのかねえ。
で、前半0対2。

後半はほぼノーチャンス。一人退場だけで、ここまで変わるか?という気はしないでもなかった。それでも楢崎の奮闘もあって、持ちこたえていたが、30分過ぎにCKからついに失点すると、お馴染みのおまけのもう1点を直後に献上。終了間際にも5点目をくれてやって0対5で終了。

敗因が増川になるのは仕方ないとしても、後半の出来の悪さ・惨敗はそれだけじゃないな、という感じではある。欠けてる選手が多すぎて、試合ごとにやりくりして回してる状態だし、しかも大黒柱のツリオが警告累積で居ない状況では、はずみがついちゃうとこんなことも起きる、ということなのかもしれん。
記念試合ということでそれなりに沢山入っていたお客さんには申し訳ないとしか言いようのない試合だが、元々、そういう試合でやらかしちゃうのが持ち味のチームでもあるし。ある意味、20周年にふさわしく、らしさ全開の試合だったと思えなくもない。

大敗とはいえ、生で見てないし、日にちも経っちゃったから、いまいちインパクトがなかったな。
記念試合だし、本来なら見に行きたいところではあったが、トヨスタで19時キックオフというのは、その日のうちに東京まで戻れないから、やむなくパスしたんだが、まあ、パスして残念な試合じゃなかったのは確かだ(^^;)
(2012.9.6)

|

« セリーグ ヤクルト対阪神(8/17) | トップページ | セリーグ ヤクルト対阪神(8/18) »

「名古屋グランパスエイト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/55678031

この記事へのトラックバック一覧です: J1リーグ第22節名古屋対G大阪:

« セリーグ ヤクルト対阪神(8/17) | トップページ | セリーグ ヤクルト対阪神(8/18) »