« J1リーグ第25節C大阪対名古屋 | トップページ | JFL第26節横河対長野 »

セリーグ ヤクルト対DeNA(9/16)

2012.9.16(日) 18時 神宮
B 000000100 1
S 00010010X 2
[勝]七條、[S]バーネット、[敗]篠原

七條と加賀美が先発。
七條は当てにしてるとダメだからな、と思って、半信半疑で見ていて、2回に1死1-2塁になった所で、やっぱりと思ったが、DeNAの走塁ミスで切り抜けると、その後は安定した。
打線はそんなにいいとも思えない加賀美に手こずってたが、4回のヒロヤスのヒットが突破口になって、慎也の犠飛で先制。ただ、この回にミレッジが走塁で肩を痛めて交代、5回6回の追加点機も物に出来なくて、いい流れじゃないなと思っていたら、7回表に七條が、ラミレス、筒香に続けてツーベースを食らって失点して同点。さらに稀哲の犠打で1死3塁となるところ、中村の指示で七條は3塁へ送球し、タッチが間に合わずセーフで無死1-3塁、と思ったら、3塁はアウトのコール。DeNAは抗議、中畑が3塁塁審深谷に胸をぶつけて退場。結局、DeNAは同点止まり。その裏、加賀美がユウイチに4球投げた所でアクシデント(足が痙攣したそうだ)で降板。後を受けた篠原がユウイチを四球で出して、犠打と内野ゴロで2死3塁になった所で、雄平がショートへ内野安打で勝ち越し。ここは雄平がよく走った。
あとは8回を山本哲、9回をトニーが抑えて逃げ切った。

明らかに7回のジャッジが物を言った試合だったので、ちょっと後味の悪い勝ち試合。ミレッジの怪我も心配。バレンティンも7回の打席で打球を当てて?治療の後、次の回の守備で交代していて、心配したが、こちらは大丈夫らしい。
とはいえ、プレーオフ進出に向けて、かなり大きい勝ち試合だった。七條がよく投げたよ。
1871194768_202
1871194768_151
1871194768_85

|

« J1リーグ第25節C大阪対名古屋 | トップページ | JFL第26節横河対長野 »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/55677927

この記事へのトラックバック一覧です: セリーグ ヤクルト対DeNA(9/16):

« J1リーグ第25節C大阪対名古屋 | トップページ | JFL第26節横河対長野 »