« トップリーグ第7節NEC対東芝 | トップページ | トップイースト1部日野自動車対ヤクルト »

トップリーグ第7節サントリー対パナソニック

2012.10.20(土) 14時 秩父宮

 サントリーサンゴリアス 34(13−13)20 パナソニック
              (21-7)  ワイルドナイツ   

序盤は競り合い。ライアンのPGでサントリーが先制すると、すぐにパナが田邊のPGで追いつき、さらに見事なパス連携から山田がトライで逆転。その後、ライアンと田邊がPGを取り合って6対13。ここまでで15分。激戦。ただ、サントリーは、再三ミスでチャンスを潰していた速いパスワークが、次第に噛み合い始めると、じわじわ押し始めた。27分にパスを繋いだ展開からトゥシ・ピシのトライでサントリーが追いつく。それでも前半は、押しながらも逆転までは持ち込めなかったが、パナが、ノットストレートとかアーリーエンゲージとか、自滅に近いようなファールが多発させていて、何かおかしい雰囲気になってたこともあり、後半はサントリーが一気に行くかなと思っていた。
それでも、後半の先手はパナ。攻め続けて、決定機を逃しつつも、めげずに繋いで、10分過ぎについにデラーニがトライを決めて勝ち越し。でも15分過ぎ、サントリーがカウンターからライアンがトライを決めて追いつくと、その後は試合を支配。ほとんどミス無しでパスを繋ぎ続け、20分過ぎと30分過ぎにトライで加点。最終スコアは34対20。後半の後半はサントリーが圧倒する内容だった。

パナソニックは、肝心な所で山田や田邊にもミスが出る状態。ソニービルも全然目立たないまま。本人だけの問題じゃなく、回りが彼を全然生かせてなかった。運もなかったけれども、チーム力の差がはっきり出ていた感じ。
このサントリーに勝てるとしたら、東芝くらいかね、やっぱり。
1876794171_145


|

« トップリーグ第7節NEC対東芝 | トップページ | トップイースト1部日野自動車対ヤクルト »

「ラグビー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/55935868

この記事へのトラックバック一覧です: トップリーグ第7節サントリー対パナソニック:

« トップリーグ第7節NEC対東芝 | トップページ | トップイースト1部日野自動車対ヤクルト »