« 感想 「ラッシュライフ」 | トップページ | 感想 「ドラフト下位指名ならプロへ行くな!」 »

感想 「ファイヤーウォール」

「ファイヤーウォール」 ヘニング・マンケル 創元推理文庫
ヴァランダーもの。少女2人がタクシーの運転手を殺す事件が起きて、不可解さを感じたヴァランダーが探っていくうち、背後で何か巨大な陰謀が動いていることに気付いていく話。
この展開は、ヴァランダーものには割とあるパターンかなと思う。ただ、今回の場合、話の中に最後の解決に結局つながって来ないミスディレクションが多すぎる感じ。最終的に辻褄が合わずに残った謎がとても多いし、その多くはミスディレクションとして使われたもの。現実の事件はそんなものかも知れないが、小説の作りとしては、ちょっと粗雑過ぎないか、と思う。まあ、元々、この作家は、そういう部分に、そんなに気を使っていない印象はあるが。
最近、割と立派な人物に見えていたヴァランダーが、久しぶりにやらかしてる感がある。特に女性絡み。どうも、この人は女性が絡むと調子の外れ方が激しくなるみたいだな(^^;)。意識的にそういう風に描かれているのか、たまたまなのかは分からんけど。それにしても、ヴァランダーは、怪しいと思っても、すぐ忘れて、みすみす窮地に陥るし、ヤキが回ってきたかな。それから、ヴァランダーがここまで適当なことをやっていても、特に問題にならないってのは、随分スウェーデン警察はおおらかだな、と思う。もちろん、これがどこまで現実に近いのかは分からないんだが、マルティン・ベックを読んでいた時も、そういう感想を持っていたので、少なくともスウェーデン人の読者がそれを許容する程度のおおらかさのイメージはあるんだろうと思う。
それにしても、こんなに少ない人数で回している警察に、重大な事件が起きすぎだ。みんなが過労でヨロヨロになるのも当たり前だよ。
著者の問題意識の高さは相変わらずだが、小説としてはちょっと落ちる出来じゃないかと思う。
(2012.10.11)

|

« 感想 「ラッシュライフ」 | トップページ | 感想 「ドラフト下位指名ならプロへ行くな!」 »

「小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/55980260

この記事へのトラックバック一覧です: 感想 「ファイヤーウォール」:

« 感想 「ラッシュライフ」 | トップページ | 感想 「ドラフト下位指名ならプロへ行くな!」 »