« 天皇杯3回戦 岡山対名古屋 | トップページ | J1リーグ第29節鳥栖対名古屋 »

クライマックスS中日対ヤクルト(10/14)

2012.10.14(日) 14時 ナゴヤドーム
S 000100000 1
D 000000000 0
[勝]館山 [S]バーネット [敗]山内

昨日の第1戦はNHKBSの生中継を見ていた。奇襲先発の石川が粘れなかったな、というのもあるが、そもそも打線が打てな過ぎ、という感じ。完敗で、この先も厳しいなと思った。

で、第2戦。ヤクルトが負けたら中日の勝ち上がりが決まる試合。今日は見に行った。

先発は館山と山内で、うちはヒットは打てるが拙攻で崩し切れず、館山はまずまずの立ち上がりで中日を抑えてるという序盤の展開。昨日と逆だな、じゃあ、4回にホームランでうちが先制か?と思ったら、ほんとに4回表先頭のバレンティンがレフトへホームランで先制(^^)v。レフト側5階席で見ていたので、スタンドに入った所は見えなかったんだが。
ただ、これで試合の流れが変わったが、どっちかというと苦しい方に…。ピンチの連続。4回には四球3つで2死満塁、5回にもヒットと暴投で1死2塁、6回はヒットと四球で2死1-2塁。でも凌いで失点しないのは、さすがに館山。
7回は押本が登板。今日全打席ヒットで当たりまくってた大島にヒットと盗塁で2死2塁とされ、森野に対して、カウント1‐0から赤川をリリーフで投入。どうかなと思ったが(そんなに赤川は信用してない)、打ち取った。
打線はバレンティンのホームラン以降、音無し。7回に相川が荒木のエラーで出て、代打武内のツーベースて久々にチャンスが来たが、ミレッジが凡退。8回も2四球で2死1-2塁としたが物にならず。
1点を守り切るしかないという展開で、ブランコ・和田が来る8回に、早くもトニーが投入された。トニーは8回を三者凡退。1‐0のまま迎えた9回裏もトニーが続投。三者凡退で逃げ切った(^^)v

8-9回はトニーが本当によくやったと思う。三者凡退でなくて、ランナーが出ていたら、大島に打順が回っていたし、そうなったら、今日の大島の当たりぷりでは、何が起きてもおかしくなかった。よく大島の前で終わらせたよ。

これで勝ち上がりチームの決定は明日に持ち越し。明日は現地は無理だし、中継もどの程度聞けるか…。
ただ、昨日に続く今日の打てなさっぷりを見てると、明日も厳しいんじゃないかと思うよ。
まあ、今日は中日も、大島以外は沈黙だったわけだけど(だから勝てた)。明日(先発は村中?)も、ここまでうまく大島を孤立させられるかどうか。その辺がカギになりそうだな。
1875857464_230
1875857464_24
1875891247_212


|

« 天皇杯3回戦 岡山対名古屋 | トップページ | J1リーグ第29節鳥栖対名古屋 »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/55892587

この記事へのトラックバック一覧です: クライマックスS中日対ヤクルト(10/14):

« 天皇杯3回戦 岡山対名古屋 | トップページ | J1リーグ第29節鳥栖対名古屋 »