« 感想「小説 琉球処分」 | トップページ | 感想 「東電福島原発事故 総理大臣として考えたこと」 »

感想「舟を編む」

「舟を編む」 三浦しをん 光文社
辞書編纂の現場が舞台、という点を除けば、たわいもない、単なるなごやかでほのぼのした話。ちょっと変わってて、本を読む人の気を引きそうな、いい題材に目を付けた、という感じ。
ただ、辞書ってのは言葉の解釈だから、思想の反映でもあるわけで、そういう部分であちらこちらに、著者の思想が覗いているようにも見える。そもそもそれが狙いの一部だったとすれば、巧いな、という気がする。どうなのかな。
それにしても、辞書編纂って、本当にこんな規模の現場でも出来ちゃうものなのかな。ちょっと意外だった。
(2012.11.13)

|

« 感想「小説 琉球処分」 | トップページ | 感想 「東電福島原発事故 総理大臣として考えたこと」 »

「小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/56176826

この記事へのトラックバック一覧です: 感想「舟を編む」:

« 感想「小説 琉球処分」 | トップページ | 感想 「東電福島原発事故 総理大臣として考えたこと」 »