« スワローズファン感謝デー | トップページ | 感想「舟を編む」 »

感想「小説 琉球処分」

「小説 琉球処分」 大城立裕 講談社文庫
公約した沖縄の米軍基地の県外移転がうまく行かなかったり、その上にその他もろもろ、言いがかりっぽい理由も付けられて、鳩山由紀夫が首相をクビになった後を継いだ菅直人が、沖縄の歴史への理解を深めるために読んでいると言ったことから、注目を集めて講談社文庫から復刊した本。1958年に連載小説として書き始められたが、最終的に形になったのは1972年とのこと。
明治維新の後、日本政府が琉球を強権的に日本に併合していく過程を、小説として描いている。あくまでも「小説」なんだろうけれども、どういう歴史的な経緯で「琉球処分」が進んで行ったかというのは見えるし、それを意識して書かれた小説だと思う。

最初は日本側がかなり柔軟な姿勢で臨んでいて、大国に挟まれた小国として、のらりくらりと生き延びてきた琉球のしたたかさに手こずる。随分穏やかに事を進めようとしていたんだなと、とりあえず思った俺はやっぱり「ヤマト」か。穏やかも何も、元々琉球は独立した国で、日本が併合する正当な理由なんてないという所を、一時、見過ごしてしまった。そういう無意識が現れてしまうのも、沖縄の問題の原因の一部でもあるんだろう。
で、業を煮やした日本は、最後は強引に併合を進めていく。
琉球の方にも問題がなかったわけじゃなく、自分たちが置かれている状況を正確に把握したり、冷静に判断することが出来ず、日本への有効な対抗策を取ることが出来なかった。とはいえ、この時点で、そんなものがあったかどうかは疑問だけれども。しかも琉球と日本の立場にあまりにも差がありすぎる。この状況で琉球人を責めるのは酷だよな。

それはそうと、この琉球のドタバタぶりは、多分に太平洋戦争後期の日本の醜態を思い出させるものだった。深い所では同じようなメンタルを持ってる、同系の民族なのは確からしいと思ったよ。

日本の防衛のために、地元の意思を無視して琉球に軍事拠点を作って、というあたりが、今の状況と酷似(というか、当時の流れのまま、今に至っている)しているわけで、その辺が、菅直人が本書を取り上げた経緯だったんだなと、いまさらながら理解した。
沖縄の基地問題に関しては、いろいろ情報を見て、こういう背景を知ると、本当に酷いことが行われているとしか思えない。とはいえ、個人的には沖縄に全く繋がりがないので、正直言って、今一つリアリティが持ててなくて、こういうことを書いてても、なんか空々しいことを言ってる気になってしまうのは否めない…。積極的なアクションは取れないにしても、せめて、沖縄の問題を沖縄の立場で解決しようとしていると見える動きへの、ネガティブな反応に加担することだけはしないでいようと思っている。それこそ、2年前の鳩山へのバッシングみたいな。
(2012.11.10)

|

« スワローズファン感謝デー | トップページ | 感想「舟を編む」 »

「小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/56176806

この記事へのトラックバック一覧です: 感想「小説 琉球処分」:

« スワローズファン感謝デー | トップページ | 感想「舟を編む」 »