« トップイースト2部セコム対サントリーフーズ | トップページ | ヤクルトレビンズ »

トップリーグ第10節サントリー対東芝

2012.12.8(土) 13時 味の素スタジアム

 サントリーサンゴリアス 15(10−3)14 東芝ブレイブルーパス
              (5-11)     

トップリーグ見るのはかなり久しぶりな感じ。実際先月は中断してたんだけど、その間、試合自体はトップイーストで見ていたから、そういう印象。

ずっと東芝が押し気味に試合を進めて、パスも回るんだけど、ゴール前5mくらいになると、そこからどうしても進めない。パスで揺さぶっても穴が開かないし、モールもがっちり止められちゃう。ヒルのPGも外れる。そうこうしてるうち、18分に多分この試合初めて、サントリーが22mを越えて攻め込むと、左サイドで東芝が作った穴を突いて長友がトライで先制。
その後も東芝が押すんだけど、サントリーの堅守は崩れない。もっとも、やたらとペナルティを犯していたから、それが片端からPGになっていたら、展開は変わっていたかもしれない。実際はヒルが1本決めただけ。しかもロスタイムに入ってから、東芝が押し込んできたのをサントリーが奪ってペナルティに繋げ、ライアンが蹴り込んで10対3で折り返し。サントリーは強えな、余裕こいてるな、という感じ。
ただ、後半になると少し印象が変わってきた。相変わらずの展開で、ヒルのPGで10対9になり(ただし3本蹴って、一番イージーだった2本目はポストに当てて失敗)、1点差になっても尻に火が付いた感じにならない。21分に東芝が繋いで、仙波がトライを決め、ついに10対14と逆転。サントリーは実は余裕こいてるんじゃなく、本当に調子が上がらないらしいと、ようやく思った。
それでも27分に今度はサントリーが粘って繋いで、最後は小野澤が決めて再逆転、15対14。
東芝もその後、よく攻めて、38分に遂にペナルティを得たが、ヒルはもう交代して居ない。森田が蹴るが外れる…。サントリーの逃げ切り勝ち。

まあ、なんのかんの言っても、やっぱりサントリーは強い、と言うしかない試合ではあったかな。
東芝はヒルのキックが残念だった感じ。最後も今日の出来では、ヒルが蹴っても外れだったかな。強い風の影響もあったのかも。
1883890896_244
1883890896_251

|

« トップイースト2部セコム対サントリーフーズ | トップページ | ヤクルトレビンズ »

「ラグビー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/56300804

この記事へのトラックバック一覧です: トップリーグ第10節サントリー対東芝:

« トップイースト2部セコム対サントリーフーズ | トップページ | ヤクルトレビンズ »