« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

トップリーグプレーオフ決勝サントリー対東芝

2013.1.27(日) 14時 秩父宮ラグビー場

 サントリーサンゴリアス  19(12−3)3 東芝ブレイブルーパス
              (7−0)  

いきなりサントリーが一方的に押しまくる展開。東芝はよく持ちこたえてたが、9分に右サイドへの素早い展開から村田が飛び込んでサントリーが先制トライ。その後、東芝も反撃したがチャンスでミスが出て(というかサントリーのプレッシャーがきつくてミスになっていた感じ)、18分にヒルのPGで3点返しただけ。その後、サントリーが34分にアドバンテージが掛かってる場面で小野が前へ蹴り込み、村田が競り勝ってトライ。東芝は39分にヒルがPGを狙うが外れて、12対3の折り返し。

後半の東芝はパワー重視に切り替えてきた印象。それである程度はサントリーを押し込めるようになって、サントリーが耐え切れずに反則を連発。2回もシンビンを食らったりしたが、それでも東芝のトライは食い止め続けた。32分には東芝がトライ?という場面もあったけど、直前のパスがスローフォワードでトライにならない。逆にこの後投入されたトゥシピシが、狙い通りのカウンターでトライを決めてサントリーが突き放し、そのまま勝って優勝。

サントリーにとっても楽な試合ではなかったとは思うけれども、チーム力を見せつけた順当な優勝だったと思う。
1890498754_115
1890498754_119
1890537568_25

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップリーグプレーオフ準決勝パナソニック対東芝

2013.1.20(日) 14時 秩父宮ラグビー場

 パナソニック  8(3−3)20 東芝ブレイブルーパス
 ワイルドナイツ (5−17)  

前半は北風強風。追い風でパナが攻勢に出るが、さすがに力が拮抗していて攻めきれない。PGで積み上げに行くが、デラーニ(田邊が居なかった)のキックはいまいち決まらず3本蹴って入ったのは1本。
東芝も向かい風で思うようにゲイン出来てなかったが、ヒルがPG1本を確実に決めて、3対3で折り返し。
後半は東芝が追い風、と思ったが、風は次第に弱まった感じ。
パナは、9分にトライ寸前で逸機した後、11分に山田?が裏へ蹴ったボールを東芝のバックスがうまく処理出来ず、こぼれた所を笹倉が押さえ込んでトライで勝ち越す。
しかしその後の東芝の力ずくの猛攻は凄くて、パナを押しまくった。15分にヒルがPGを決めて2点差。24分のPGは難しい角度で失敗、27分にもトライ寸前にアクシデンタルオフサイドで逸機したが、29分にラインアウトからの流れで吉田朋が押し込んでついに逆転。その後も攻め続けて、終了寸前に伊藤のトライが決まって駄目押し。

パナは蹴って走る展開の試合をしようとしてたが、ちょっとうまくはまらなかった。風の影響はあったかも知れないな。前半にPGでうまく点を積めなかったのも計算違いだったかも。
決勝のサントリー対東芝はやっぱりドツキ合いになるかなあ。
1889665202_248

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップリーグプレーオフ準決勝サントリー対神戸製鋼

2013.1.19(土) 14時 秩父宮ラグビー場

 サントリーサンゴリアス  38(9−19)19 神戸製鋼
              (29−0)  コベルコスティーラーズ

序盤、神戸製鋼は気合いは十分だが空回り気味。サントリーが手堅くPGで先制して、やっぱりね~という感じだったんだけど、18分に神鋼LO安井が気合いの激走でトライを挙げて逆転。神鋼は押し込まれて反則という展開が多かったせいで、24分にはシンビンで数的不利になるが、28分にサントリーSH小野のキックをチャージしたNO8前川がそのまま持ち込んでトライ。32分にはサントリー陣内に蹴り込んだボールに大橋が突っ込んでトライに持ち込み19対6。番狂わせの予感が漂い始めた。
それを霧消させたのが、35分サントリーの小野に代えてのトゥシ・ピシ投入。前半は19対9止まりだったが、後半はトゥシ・ピシが大爆発。次々攻撃の起点になり、17分には自ら逆転トライ。さらにDGは決めるわ、終了目前にはカッコいい(^^;)ダイビングでトライを決めるわ。結局38対19のダブルスコアで、終わってみればサントリーの圧勝。

神鋼は、後半は、ここを取れれば、というポイントで、ことごとくミスをしていたから、あれじゃあ勝てないよなあとは思った。
それにしても、サントリーの、ほとんど自動的に繋がっていくように見える、流麗なパスの展開は素晴らしかったし、どこをとってもサントリーが上だった。前半の神鋼の踏ん張りは見ていて面白かったけれども、その時間帯も、基本的にはサントリーが試合を作っていて、神鋼はうまく隙を突くことが出来ていただけ。最終的な結果は、チームの実力の通り、としか言いようがない。
久々に関西勢が決勝に進む番狂わせを一瞬期待したけど(^^;)、結局そういう次元ではなかったなあ。
1889567469_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「クレオパトラ」

手塚治虫が「千夜一夜物語」の後に作った「大人向け」長篇劇場アニメ(1970年公開)。年明けにアニマックスで放送していたのを録画して見た。
大人向けを意識したエロいシーンが多いのは「千夜一夜物語」と一緒だが(キャラクターを小島功が描いたりもしてる)、こっちの方がストーリーはしっかりしていて、そういう要素に寄りかかった作品にはなってないし、完成度は上だと思う。
内容について、ほとんど予備知識がなく、クレオパトラの話だと思って見始めたら、いきなり宇宙船が出て来てSFぽい話が始まったので戸惑ったが、これはクレオパトラを主人公にした本編へ導入するちょっとした仕掛け。本編の方がそれなりにしっかりした作りということもあって、なくもがなという感じがいくらかしたが、手塚治虫らしい作りという気はした。
「ルパンVS複製人間」で見たような遊びがあちこちにあって、こっちの方が当然先なので、あっちはかなり影響を受けてるんだなと思った。それを言えば「千夜一夜物語」の主人公のアルディンも、多分にルパン三世を思わせるキャラだし、結構繋がりは深そう。というよりは、「大人向けアニメ」というと、この時代(「ルパンVS複製人間」は1978年なので、8年後だが)、みんな考えることは同じだったということかもしれないけれどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

感想 「ポジオリ教授の冒険」

「ポジオリ教授の冒険」 T・S・ストリブリング 河出書房新社
2-3年前に読んだ「カリブ諸島の手がかり」がめっぽう面白かったので、続きを読んでみようかと思っていたポジオリ教授もの(どちらも短篇集)。2004年に単行本未収録作品を集めて刊行されたものだそうで、邦訳刊行は2008年。
ポジオリ教授を主人公とした名探偵もののように見えながら、実際には教授が事件に翻弄される話も多く、迷探偵もののように見えなくもない。すんなり教授が事件を解決して終わる話にしても、かならず、何かひとひねり加えられたオチになっている。基本的には著者が、あんまり型にはまったシリーズ小説を書く気はなかったということなんだろう。だから、話がどういう方向に転がっていくのか、なかなか見当がつかず、そういう予定調和でない所も楽しめるというのが、このシリーズの一番の特徴じゃないかな。
そうは言っても推理の部分も、けっこううまく作られている。「尾行」で教授が、シャーロック・ホームズばりに、目の前にあるわずかな手がかりから、事件の概要を次々喝破していくくだりは圧巻。
これは面白いシリーズだと思う。
(2013.1.13)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

感想 「本当は知らなかった日本のこと」

「本当は知らなかった日本のこと」 鳥越俊太郎+しりあがり寿 ミシマ社
タイトルと冒頭をちょっとだけ見て読んでみたんだが、今の日本の問題点について論じる、という内容。基本的には鳥越俊太郎が本文を書き、しりあがり寿がマンガや短い文章で、茶々を入れたり、コメントしたりという感じ。
今の問題は過去に原因があり、それを掘り下げて今の問題を語る、というような趣旨が書かれていて、そこに興味を感じて読んでみたんだが、先日の「社会を変えるには」にあった、同じような方向性の文章に比べると、掘り下げがかなり浅い感じがする。研究者とジャーナリストの違い? 書かれている内容も、それほど目新しい感じはしないので、タイトルで言ってるほどのものには思えないんだが、2006年の本だから、この本が出た時点で目新しかった内容も、既に常識化してる(もしくは時代遅れになっている)ということはあるかもしれない。2006年から今までの間には劇的な変化がいくつも起きたわけで、それ以前に「今の時代」について書かれた文章は、急激に古びたと思われるので。

ちなみに、安倍晋三が総理大臣になった、というくだりがあちこちにあるが、もちろん1回目のこと。だから民主党の急激な台頭も没落も、この本にはまるで出て来ない。
中国や韓国との外交問題も、沖縄の問題も、比較的軽く書かれていて、割とたかをくくって見ている印象。現在のようなこじれた状態は予想していなかったぽい。
なにより、エネルギー問題を論じているくだりで、原子力について、否定的にも肯定的にも、全く触れていないのが、6年前はそんなもんだったか、という感じで強い印象が残った。

ちなみに、しりあがり寿の文章やマンガの大半が、とてもストレートで普通なのが意外な感じだった。この人は、絵柄の割に、いしいひさいちみたいに、斜めに構えないんだな。そういえば、震災をテーマにすることについて、朝日の連載マンガが夕刊のしりあがり寿がああで、朝刊の自分はこうだから、役割分担のようになっていて感謝している、というようなことが、この前読んだいしいひさいちのムック本に書かれていたんだった。
(2013.1.10)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

感想 「昔には帰れない」

「昔には帰れない」 R・A・ラファティ ハヤカワ文庫
一昨年、青心社から出た「翼の贈りもの」は、俺のラファティのイメージと微妙にずれてる気がしたが、今回は伊藤典夫と浅倉久志の翻訳を集めたものなので、そういう違和感はなくて、いかにもラファティ、という感じで楽しめた短編集。
特に、二つのパートに分けてる前半の方、解説で伊藤典夫が「シンプルな作品」と言っている方が、俺の昔ながらのラファティのイメージの作品。一筋縄ではいかないにしても、アイディアストーリー的で、オチのある、割とわかりやすい話。「月の裏側」とか「パイン・キャッスル」なんかは、それこそSF雑誌じゃなくて、ミステリ雑誌に載ってもおかしくないような内容だし。
それに比べると、後半は結構難解な感じになってくる。重層的な世界、見かけ通りではない真実(というか、真実はひとつではない?)といったところがポイントで、そうか、ディックと通じるものがあるんだなと思った。浅倉久志がラファティを愛好していたのも、そういう所だったのかもしれないな。後半は続けて読んでいると、さすがにちょっともたれる感じはするんだけど、それでもアイディアが豊富で、面白く読める小説。
中からひとつ選ぶとすると、「崖を登る」かな。

しかし、改めて考えてみると、た「翼の贈りもの」はずれていて、「昔には帰れない」はぴったりというのは、俺の(だけではないと思うが)ラファティのイメージは、伊藤典夫と浅倉久志のセレクトによって形作られている面が多分にあるということなんだろう。外国の小説に関する、紹介者のフィルターの影響力の大きさを、改めて感じた気がする。
(2013.1.8)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

感想 「プロ野球 二軍監督-男たちの誇り」

「プロ野球 二軍監督-男たちの誇り」 赤坂英二 講談社
2011年の4月に出ていた本。気付いてなかった。2009~2010年頃のNPB各チームの二軍監督に焦点を当てつつ、二軍がどういう場所であるかを描いた本。

比較的最近の出来事が書かれているので、書かれている内容も、けっこう思い当たる話だったりする。そういうことだったのか、と思ったり。
まあ、現役のスタッフや選手にかかわる内容が大半なので、そんなに悪いことは書いてないだろうと思う。実際は、ここまで単純でもきれいごとでもないんだろうと思うけれども、日ごろ気楽に見ている二軍のチームにも、こういうドラマがある、と思えるのは、悪い気分じゃない。
ヤクルト関係で言えば、ここに書かれている斉藤宜之の最後のホームランは見ているし、猿渡さんがチームを鍛えていたのも、よく覚えている。高田さんがうちに来るまでには、これだけのいろいろな背景があったんだな、というのも、感慨深い。鬼崎って、そうだったよな、とも思った。
大久保と菊池雄星の件も書かれていて、どっちかというと菊池に問題があるような書き方になってるが(主に大久保サイドへの取材で書かれている文章?)、菊池は一人前になるのは難しいんじゃないか?、という予想については、とりあえず外れているから、どうなのかな、という気もする。
最初と最後に出て来るのが日本ハムの尾崎で、日ごろ、イースタンの試合で見てると、いい選手に見えるんだけど、いつまでも二軍にいるのはなぜ?、という疑問への回答があった。もっとまめに見ているのでないと、欠点が見えないんだな。中田翔がいつのまにか立派になってた理由も、よくわかったよ。

個人的には、読み所が多い、かなり面白い本だった。
(2013.1.4)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップリーグ第13節東芝対近鉄

2013.1.6(日) 14時 秩父宮ラグビー場 

 東芝ブレイブルーパス 50(24−11)30 近鉄ライナーズ 
               (26−19)  

久しぶりに見た近鉄が、よく走って、縦に速い攻撃を仕掛けていて、見ていて面白かった。前半30分には近鉄が勝ち越し。ただ、パスカットやキックチャージで簡単に失点しちゃうんだな。近鉄の隙を突いて、そういう場面を作る東芝がしたたかだということなんだろうけど。東芝が逆転した後は、じりじり点差が開いて、最大25点差。そこで東芝の立川がハイタックルでシンビン(それにしても、立川のシンビンって、過去に何度も見てるような気がするんだが。気のせいかな)。
息を吹き返した近鉄が、ここで2トライで追い上げたが、32分に今度は近鉄の田中がシンビンで東芝が2トライ取り返し、行って来い。結局、チーム力通りで東芝の完勝。

ロスタイムに近鉄がトライを上げて4トライにして、勝ち点1を稼いで、応援団長がえらく喜んでいたんだけど、順位表を見る限り、結果的にはあんまり意味はなかったみたいだ。
近鉄の応援団長を見るのも久々だったけど、相変わらず面白かったな(^^;
1887962781_149


| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップリーグ第13節リコー対ヤマハ

2013.1.6(日) 12時 秩父宮ラグビー場 

 リコーブラックラムズ 21(13−20)46 ヤマハ発動機ジュビロ 
               (8−26)  

前半はヤマハの出来の良さが目に付いてた。連携が取れてるし、モールも強いし。ただ、五郎丸のキックがあんまり決まらなくて(前半5本蹴って入ったのは2本)、いまいち得点が伸びなかった。リコーは個人技頼みだったし、29分からはシンビンで一人欠けたりしてたんだが、7点差止まり。
でも、後半に入って、荒っぽい場面や、(スタンドで見てる限り)妙なレフェリングがあったりして、試合が乱れ始めると、チーム力の差がだんだんはっきりしてきた。五郎丸のキックが決まり始めたこともあって、ヤマハがきっちり加点して、リコーを突き放して完勝。

1887958270_148


| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップチャレンジ1クボタ対コカ・コーラウエスト対クボタ

2013.1.5(土) 14時 秩父宮ラグビー場 

 コカ・コーラウエスト 37(10−22)31 クボタスピアーズ
 レッドスパークス    (27−9)  

序盤はクボタが余裕の試合運び。気合いが空回り気味のコーラを軽くいなして、30分までに22対0。今日見た4チームの中で一番完成度が高いように見えたし、やっぱり本命はクボタなんだろうなと思ったんだが、その辺からおかしくなり始めた。
一旦押し込まれ始めると、クボタはこらえきれない。さらにシンビンで数的劣勢になり、37分にコーラに展開されてトライを決められ、さらに押し込まれる。そこはなんとかPGにとどめて22対10で折り返し。
後半いきなり、コーラがディフェンスの穴を突いてトライ。それでもその後、クボタは少し挽回して、人数も戻ったから、展開が変わるかと思ったが変わらない。点の取り合いで一旦は逆転。そこでコーラにミスが出て、22分に再逆転してクボタ28対27コーラになったが、29分にクボタがペナルティでシンビン。そのペナルティキックでコーラが逆転。37分にはコーラがインターセプトからトライに持ち込んで、決定的な8点差。クボタはロスタイムにPGで3点返すのがやっと。最終スコアクボタ31対37コーラ。

クボタは昨年のまさかの敗退に引き続き、今年もやらかしちゃいそうな気配は十分。地力はあると思うんだが、やはり芸風か…。ただ、最後のPGで稼いだ勝ち点1が、最終的に大きい意味を持つ可能性はあるよな。
コーラは最初は気合いだけじゃな~、という感じだったけど、ペースを掴んでからの力強い試合運びは、見てて力が入った。面白かった。
1887865329_111

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップチャレンジ1豊田自動織機対三菱重工相模原

2013.1.5(土) 12時 秩父宮ラグビー場 

 豊田自動織機シャトルズ 26(10−13)16 三菱重工相模原 
               (16−3)  ダイナボアーズ

今年初観戦。

織機が果敢に攻めて行くが、ミスが出て攻めきれず、手堅い試合運びの三菱が隙を突く形で、15分までにトライとPGで10点先行。織機の勢いは鈍らず攻め続け、23分に同点に追い付くが、すぐにPGで再度勝ち越され、30分にはトライ寸前にスローフォワードで逸機。追いきれないかな、という感じがしつつ、前半三菱13対10織機。
後半、それでも織機が頑張って、12分にPGで再度追い付く。そこで三菱がショーンウィリアムスを投入。いきなり存在感を見せて試合に絡み、三菱がPGでまた勝ち越すが、三菱が流れを掴んだのは短時間。20分過ぎに織機がようやくミスなしでパスをきっちり繋ぎ、朝見のトライで遂に逆転。以降、織機はウィリアムスを厳しくマークして抑え込み、チャンスではジェラードがDGとPGを決めて引き離し、最終スコア26対16で織機が勝ち。

織機の縦の動きの多いラグビーは華やかで見ていて面白かった。動きが多い分、ミスのリスクもあるし(実際ミスが多かった)、それで劣勢に立つ場面もあったけど、やり切って勝った感じ。
三菱はやっぱり、ウィリアムスが居ないと、手堅いだけで攻撃的にはうまく試合を作れなかったように見えた。次節、どう挽回していくのかな。
1887835933_5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「千夜一夜物語」

昨晩、アニマックスでやっていたもの。手塚治虫の「大人向け」アニメ。1969年の作品。

30年近く前に一度テレビで見ていて、それ以来。映像や音楽が格好いいイメージがあったけど、今回もそう思った。60年代のセンスだけど、それは俺が好きなセンスでもあるし。
ストーリーは千夜一夜物語のさまざまなエピソードを自由に組み替えて作ったもので、あんまり脈絡はなくて、割とどうでもいい感じ。当時の社会への批評的なものを感じる場面はないわけではないけれど、どっちかというと、「大人向け」というのを意識して、エロいシーンをいっぱい入れてみた、というニュアンスの方を強く感じる。そこも60年代ぽいな、とは思う。今時の「大人向け」アニメとは、かなり方向性が違うのは確か。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「まほろ駅前多田便利軒」

年末にテレ東でやってたのを録画して年明けに見た。

原作小説と漫画化したのを読んでるイメージからすると、瑛太が多田で松田龍平が行天って、若すぎないかと思ってた。多分、原作小説よりも漫画の方を先に読んでいるので、なおさらそう感じたんだと思う。見てみると、松田龍平は思ってたよりはまってたけど、瑛太はやっぱりちょっと若すぎた感じ。
小説や漫画のまったりした雰囲気を、映画は会話の間に長いインターバルを取ることで表現しようとしてるようだけど、生身の人間が演じてる分、やっぱりちょっとリアルになり過ぎちゃってる気がした。原作は、かなり深刻なテーマをゆるい雰囲気で中和して書いてる印象で、そこがいいと思ってるが、映画は深刻さが直接見えすぎてる気がする。瑛太が若く見えるのも、その一因じゃないかと思う。もう少し歳食ってて、角が取れた感じの俳優がやってれば、もうちょっと誤魔化せたんじゃないかな、とか。
あと、小説や漫画でどれだけ変な人に描いても、生身になると、面白さはやっぱり薄れちゃう(ルルとか、凪子さんとか)。
見終わって原作を確認してみると、ストーリーや会話自体は、かなり原作に忠実な映画化なんだけど、なんか違う、と思ったのは、多分その辺の理由。最後の岸部一徳は唐突過ぎるが。
ちゃんと作ってはいるけれど、まあ、こんなもんなんだろうな、という感じ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »