« 「クレオパトラ」 | トップページ | トップリーグプレーオフ準決勝パナソニック対東芝 »

トップリーグプレーオフ準決勝サントリー対神戸製鋼

2013.1.19(土) 14時 秩父宮ラグビー場

 サントリーサンゴリアス  38(9−19)19 神戸製鋼
              (29−0)  コベルコスティーラーズ

序盤、神戸製鋼は気合いは十分だが空回り気味。サントリーが手堅くPGで先制して、やっぱりね~という感じだったんだけど、18分に神鋼LO安井が気合いの激走でトライを挙げて逆転。神鋼は押し込まれて反則という展開が多かったせいで、24分にはシンビンで数的不利になるが、28分にサントリーSH小野のキックをチャージしたNO8前川がそのまま持ち込んでトライ。32分にはサントリー陣内に蹴り込んだボールに大橋が突っ込んでトライに持ち込み19対6。番狂わせの予感が漂い始めた。
それを霧消させたのが、35分サントリーの小野に代えてのトゥシ・ピシ投入。前半は19対9止まりだったが、後半はトゥシ・ピシが大爆発。次々攻撃の起点になり、17分には自ら逆転トライ。さらにDGは決めるわ、終了目前にはカッコいい(^^;)ダイビングでトライを決めるわ。結局38対19のダブルスコアで、終わってみればサントリーの圧勝。

神鋼は、後半は、ここを取れれば、というポイントで、ことごとくミスをしていたから、あれじゃあ勝てないよなあとは思った。
それにしても、サントリーの、ほとんど自動的に繋がっていくように見える、流麗なパスの展開は素晴らしかったし、どこをとってもサントリーが上だった。前半の神鋼の踏ん張りは見ていて面白かったけれども、その時間帯も、基本的にはサントリーが試合を作っていて、神鋼はうまく隙を突くことが出来ていただけ。最終的な結果は、チームの実力の通り、としか言いようがない。
久々に関西勢が決勝に進む番狂わせを一瞬期待したけど(^^;)、結局そういう次元ではなかったなあ。
1889567469_2

|

« 「クレオパトラ」 | トップページ | トップリーグプレーオフ準決勝パナソニック対東芝 »

「ラグビー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/56588505

この記事へのトラックバック一覧です: トップリーグプレーオフ準決勝サントリー対神戸製鋼:

« 「クレオパトラ」 | トップページ | トップリーグプレーオフ準決勝パナソニック対東芝 »