« 感想 「ちーちゃんは悠久の向こう」 | トップページ | J1リーグ第1節名古屋対磐田 »

春季教育リーグ ヤクルト対西武(3/2)

2013.3.2(土) 12時半 戸田
S 010012030 7
B 203100010 7
[本]S:川崎(平野)

今季初の野球観戦。

北からの暴風が吹き荒れていた。風に耐えるのも体力的に結構しんどかったし、そもそも寒くて。
当然フライは流されて、守備は苦労していたし、ピッチャーのコントロールにも影響が出ていた印象。西武先発の平野はうまく適応できなかったようで、制球が乱れ放し。ヒット・四球の山で、5回で6点いただいた。うちの先発の日高は、悪コンディションにしてはよくまとめていたと思う。4回投げて被安打1、失点1。成長したね。5回は赤川が投げて、四球→暴投→三邪飛でタッチアップ→犠飛で1点失うが、ここまではまずまず。
雲行きが怪しくなったのは、6回から今年の新人投手を出し始めてから。まず江村(ドラフト4位)。投球フォームは野球マンガみたい(^^;で、格好良かったけど、軽く打たれていた。西武の拙攻もあって、2回2失点で済んだが、すんなり即戦力とはいかなそう。
続いて、8回から大場(ドラフト7位)が登板。こちらも制球に苦しみ、8回に3点を失って逆転される。
それでも8回裏に、遊失→四球→内野安打→暴投で1点取って同点に追いつくが、続投した大場が、9回にはヒット、四球、野選で無死満塁のピンチを迎える。西武の拙攻でなんとかしのぎ、9回裏は先頭が三失で出た後、四球で1死2塁としたんだが、タイムリーが出ず、結局7-7で引分け。

双方とも、エラー・拙攻の連続で、内容的には、どうよという試合だったが、まあ、春季教育リーグだからなあ。あんまり高望みするわけにもいかんよな。
試合時間は3時間半。このコンディション、この試合内容で3時間半は正直長すぎだ。疲れたよ。
1894509239_64
1894509239_39

|

« 感想 「ちーちゃんは悠久の向こう」 | トップページ | J1リーグ第1節名古屋対磐田 »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/56877362

この記事へのトラックバック一覧です: 春季教育リーグ ヤクルト対西武(3/2):

« 感想 「ちーちゃんは悠久の向こう」 | トップページ | J1リーグ第1節名古屋対磐田 »