« ナビスコ杯予選L第1節名古屋対大阪 | トップページ | ナビスコ杯予選L第2節鳥栖対名古屋 »

イースタンリーグ ヤクルト対楽天(3/23)

2013.3.23(土) 13時 戸田
E 002000200 4
S 02002007X 11
[勝]大場 [負]大塚
[H]S:佐藤(武藤)、E:枡田(中澤)

今年最初のイースタン観戦。
先発はうちが中澤で楽天は金刃。金刃が楽天に移籍していたとは知らなかった。

んで、その金刃は、立ち上がり、制球がいまいち安定せず、ボールが多くて、ストライクを取りに来ると打たれるというピッチング。そこに付け込んで2回に西田ヒット、荒木四球、又野ヒットの後、川上のタイムリーで先制。さらに山田の犠飛でもう1点。ただ、金刃は3回には立ち直っていて、4回は三者三振。いい球も来ていたし、力はある、という感じ。
中澤は2回までは完璧に近いピッチングで、3回も小関にポテンヒットは打たれたものの、2アウトまで行ってたんだが、そこで枡田に失投をライトフェンス向こうへ持っていかれて、同点。その後、急に安定感がなくなった。楽天が5回から投入した武藤から、佐藤タカノリがツーランをライトへ打ちこんで、再度2点突き放したが、中澤は7回にとうとうつかまり、1死後3連打で1点失った所で降板。リリーフした阿部も中川にタイムリーを打たれて同点。
楽天は7回にバッテリーをまるごととっかえて、投手大塚、捕手下妻。名鑑を見ると、二人とも今年、高卒で入ったルーキー。思い切りのいいピッチングに7回は抑えられたが、8回1死1塁から猛攻開始。というか、まず下妻のパスボールで1死3塁。そこで野口の中越えスリーベースで勝越し。続く又野の当りはセカンドとライトの真ん中あたりの飛球。お見合いで誰も取れず、野口が還って6-4。次の川上の一ゴロはファーストの枡田がエラー。山田が二飛で倒れた後、タカノリの2点タイムリー。この辺で、大塚は終わっちゃった感じで、さらに3安打で11-4まで積んで8回終了。
8回から登板したうちの大場は今日は結構良くて、今日打撃絶好調で4打数3安打だった枡田にツーベースを打たれた以外は(枡田はあとスリーベースが出ればサイクルヒットだった。その代りにエラー(^^;)凡退に打ち取り、しかもうち4アウトは三振。すんなり試合終了。

今年から戸田は、うちが勝った場合はヒーロー賞が出るそうで、今日の受賞者は当然タカノリ。

大場は、最初に見た3/2の印象は悪かったが、先日の神宮に続いて今日のピッチングを見ると、案外悪くないかもしれない。ややボール球がはっきりし過ぎてるきらいはあるような気がするが。
楽天は、大塚がちょっと気の毒な感じだったな。バックも声を掛けてやるのはいいけど、まずちゃんと守ってやんなきゃ(^^;
1896756790_245
1896756790_63
1896756790_197

|

« ナビスコ杯予選L第1節名古屋対大阪 | トップページ | ナビスコ杯予選L第2節鳥栖対名古屋 »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/57021693

この記事へのトラックバック一覧です: イースタンリーグ ヤクルト対楽天(3/23):

« ナビスコ杯予選L第1節名古屋対大阪 | トップページ | ナビスコ杯予選L第2節鳥栖対名古屋 »