« イースタンリーグ ヤクルト対楽天(3/24) | トップページ | セリーグ ヤクルト対阪神(3/29) »

イースタンリーグ ロッテ対ヤクルト(3/26)

2013.3.26(火) 13時 ロッテ浦和
S 00002000000  2
M 00100010001X 3
[負]七條 [勝]藤谷
[H]M:荻野貴2(ロマン、七條)

3戦連続のイースタン観戦。結構久しぶりじゃないかと思う(シーズンオフだったから、という意味でなく)。

先発はうちがシーズン開幕をにらんでの村中で、ロッテは阿部。双方快調な立ち上がりだったが、阿部が3回までパーフェクトだったのに対し、村中は3回に角と加藤にヒットを打たれ、そこからの流れで2死1-3塁になって、一走早坂の盗塁で、キャッチャーの西田の送球が逸れてセカンドがこぼす間に、三走角が還って、ロッテに先制される。
ヤクルトは5回に藤本がヒットで出て、西田が送った後、荒木のセンターオーバーのツーベースで生還し同点。その荒木を又野がヒットで還して逆転。
村中は5回まで投げてロマンに交代。一方のロッテは、阿部が6回1死2塁になった所で中後に代わって、後続を断った。
ロマンは球威はあるように見えたが、若干不安定。7回に、すんなり2死を取った後、荻野に同点ホームランを打たれてしまい、その後、連打でさらにピンチを迎えるが、そこは凌いだ。8回もランナーを出しつつ凌いで交代。こんなもんかなと思いつつ、やや不安は残ったか。
7回で同点になってしまったので、また延長がちらつき始めた。まさかなあ、という希望的な観測は、あっさり消えて、ロッテは中後の後、山室(7-8回)→内(9回)、ヤクルトは大場が9回をきっちり抑えて延長へ。10回表はロッテの橋本から先頭の又野がヒットで出たが後続なく、10回裏は松井光介が3四死球で2死満塁としたが持ちこたえる。11回表は藤谷に抑えられ、11回裏は七條がマウンドへ。先頭打者は7回のホームランを打った荻野。初球をガツンを打った当りはレフトのフェンスを越えてサヨナラホームラン。いきなり終わってしまった(^^;

まあ、もつれずに終わってくれたのは、有難くなくもなかったけど、それでも延長11回、試合時間3時間20分越えだ。またまた長い試合。呪いだ(^^;

村中とロマンは、まあ、こんなもんだろうな、という気はする。開幕ローテに入るんだろうね。大場は、最初に見た時とそれ以降(今日を入れると、もう4回見てる)のイメージが違って、今では中継ぎは結構いけそうな気がし始めてる。なんというか、彼は雰囲気がある。問題は七條。今日は出会いがしらだったかもしれないが、一昨日も、あんまり良かったとは言い難いからなあ。
1897091230_172
1897091230_54
1897091424_152

|

« イースタンリーグ ヤクルト対楽天(3/24) | トップページ | セリーグ ヤクルト対阪神(3/29) »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/57046288

この記事へのトラックバック一覧です: イースタンリーグ ロッテ対ヤクルト(3/26):

« イースタンリーグ ヤクルト対楽天(3/24) | トップページ | セリーグ ヤクルト対阪神(3/29) »