« J1リーグ第8節名古屋対広島 | トップページ | イースタンリーグ 西武対ヤクルト(5/2) »

セリーグ ヤクルト対巨人(4/27)

2013.4.27(土) 18時15分 神宮
G 000002000 2
S 10000300X 4
[勝]小川、[S]山本哲、[敗]菅野
[H]S:バレンティン(菅野)、G:坂本(小川)

神宮。土曜は混みそうだなと思ってたから、ほんとは昨日行くつもりだったが、行けずじまいだった。昨日いい試合したから、今日は期待薄だよなとかも思ってたし(^^;。でも、この連休中に神宮でヤクルト戦を見に行けそうなのが今日しかないことに気付いて、行くことにした。

スワチケのQRコード発券というやつでチケットを買ってみたが、ペラペラのレシートみたいなチケット。しばらくしたら印刷も消えちゃいそうだ。

で、結構な入りだった。ゴールデンウィークの開催試合にはずかしくない程度。ただ、結構寒かった。レフトからライトへ冷たい強い風が吹いてた。

先発はルーキー対決ってことで、うちのライアン小川と向こうは菅野。小川を見るのは3度目だが、過去2回はいまひとつな出来だったので、そんなに期待はしていなかった。4回までノーヒットピッチングだったが(もっとも初回の二ゴロ失は内野安打でもよかったと思ったけど)、これからだよなあ、くらいに思ってた。
打線は初回に、森岡・ミレッジの連打の後、バレンティンの内野ゴロの間に1点先制していたが、その後はピシッと抑えられていた。菅野は球は速いし、短い間合いで切れのいいボールをポンポン放り込んでくるので、リズムを取りにくそうで、やっぱいいピッチャーぽいな、という感じ。若干、制球にばらつきがあるかな、という印象はあったけど。
小川は5回にロペスに初ヒットを打たれ、バレンティンのまずい守備も絡んで、1死3塁のピンチを迎えたが、後続を断って切り抜けた。しかし6回に松本に四球の後(敬遠以外では初四球。ちょっと球が上ずりはじめた、というふうに見えた)、坂本にライトへ飛球を打たれ、これが強風に乗って逆転ツーランになる。次の阿部にもヒットを打たれたから、この辺が限界かなと思ったが、よく後続を断ったね。
で、その裏、菅野の制球の悪さがついに露出して、ヒロヤスに四球。犠打の後、ミレッジがヒットで1-3塁。そこでバレンティンが、レフトへ豪快に叩き込む再逆転のスリーラン。
小川は7回表をきっちり抑えて交代。8回石山、9回山哲が巨人の上位打線に対してパーフェクトリリーフ、4-2で勝利。

こんな快勝を見れるとは思ってもいなかった。ライアン小川にはお詫びしたい(^^;。次からは信じる。
試合時間もびっくり2時間31分で、プレイボールがいつもより15分遅かったんだけど、21時前に終わる快挙。
こういう試合を頻繁に出来るといいんだけどねえ。
1900283432_20
1900283432_135

|

« J1リーグ第8節名古屋対広島 | トップページ | イースタンリーグ 西武対ヤクルト(5/2) »

「ヤクルトスワローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/57262205

この記事へのトラックバック一覧です: セリーグ ヤクルト対巨人(4/27):

« J1リーグ第8節名古屋対広島 | トップページ | イースタンリーグ 西武対ヤクルト(5/2) »