« 「舟を編む」 | トップページ | 感想「史記 武帝紀(一)」 »

感想「9条どうでしょう」

「9条どうでしょう」 内田樹/小田嶋隆/平川克美/町山智浩 毎日新聞社
著者の顔触れを見て、へぇっと思ったので読んでみた。内田樹はともかく、平川克美は知らないが、このテーマで町田智浩に小田嶋隆ねえ、という感じだったので。

9条をメインとした改憲の動きに反応したもので、2006年の刊行。数年前の出版なので、多少状況は違うけれども(改憲派として名前が引き合いに出されているのが小沢だったりする)、基本的な考え方は今の状況に当てはまる内容だと思う。
まえがきで内田樹が護憲改憲の単純な二元論ではない所を目指すと言っているし、4人の筆者が別々の立場で書いた文章をまとめたものだが、方向性としては護憲でまとまっている。

内田樹は、戦後の日本はアメリカの従属国だった、という観点に立って、かなり挑発的なことを書いているが、一般的な護憲派や改憲派が言っていることに対して感じる奇妙な部分を、よく説明してくれていると思う。「日本辺境論」を読んだ時とよく似た感覚。この人は論理的に考察して説明する能力に長けている。
町山智浩が書いている、アメリカでのそれを踏まえた「憲法」「国民」の本質的な部分の考察は、アメリカで生活していて、現地の空気を肌で知ってる人間の重みがある。外国の状況も知らずに、日本の中で思い込みだけで議論することの危険を感じる。
小田島隆の文章が、自分の感覚に一番近い。今の日本で憲法論議がこういう状況の分析とか、今後どうなっていくかについての危惧とか、「国」に対する感覚とか、そういう部分が、日ごろ俺が考えてることに、かなり似ている。俺が思ってることを、一番よく代弁してくれている感じ。
平川克美の文章は、普通の「護憲」的なスタンスに近いだろうな。ただ、この人は憲法は一字一句変えてはいけないものとは思っていないと前置きした上で、今、改憲騒ぎを起こしている人々には改憲していただきたくないと言っている。その理由は、多分、俺が思ってることとかなり近いし、他の著者3人を含めて、この本全体が言っていることでもあると思う。方向性が護憲というのは、そういうこと。
結局、「彼ら」は自分たちが何をしようとしているのか、それがどういう結果をもたらすのか、深く考えていない。軍隊を持っていれば普通の国だというような、短絡的な感情論だけで改憲を言ってるだけだ。それは「鬼畜米英」のスローガンだけで戦争に突入したのと大差ない。そういう意味では、いかにも日本的、とも言えるのかもしれないが。

本書の「護憲」は、目指すべき理想ということを考えながらも(というか、憲法って、本来そういうもののはず)、どちらかといえば現実主義的な観点から、日本がこの先うまくやっていくための手段としての護憲論だと思うが、納得は出来る内容。原理原則に寄りかかった護憲論よりも実感に近い。
もっとも俺も、昔は原理原則に固執していたので、その頃に読んだら、もう少し違う印象は持ったかもしれないし、こだわってしまう感覚も分からないではない。
ある意味、その方が純粋な感覚ではあるかと。でも、どちらかにすっきり割り切れないのが現実だし、むしろ曖昧な部分を積極的に広げておくことが、いろんな考え方の人間が共存していくための唯一の手段だということが、段々分かってきたと思ってる。
だから、改憲派の言い分も、そういう風に考えるプロセスは分からんではないし、分かろうとしないといかんよなとも思う。

とはいうものの、その観点からすると、自分たちと同調しない人間や考え方を抑圧しようとする考え方だけは、前提そのものを犯すことになるから、受け入れられない。でもって、最大の問題は、改憲そのものよりも、むしろ今騒いでいる改憲派の姿勢が、そういう不寛容そのものに見えることだ。
要するに、国の安全を守るために自衛隊を国防軍として憲法でも規定しよう、とか言うこと自体は、ひとつの考え方だと思うんだが、そういうことを言う人間の多くが、その延長で特定の思想の押し付けや、いろんな権利の抑圧を口にする。そういう考え方と一体化した改憲論は、まったく受け入れられない。

そもそも、そういうことを主張する人間は、自分が被抑圧の側に回る可能性を考えないんだろうか? 権力を握った側が、自分とは違う思想を持っていて、自分自身が抑圧されることは考えない? 永久に自分が権力の側に居られると思ってるとしたら、かなり頭が悪いと思う。そうでないとしたら、

(1)自分が永久に権力の側に居るために、反対派を抑圧できるシステムを制度化しようとしている?
(2)自分の付いている側が権力から離れたら、その時の権力者に尻尾を振って鞍替えするから問題ない?

どっちにしても、まともな人間が考えることには思えない。もっとも後者は、いわゆる「長いものには巻かれろ」ってやつだと考えれば、これもいかにも日本的な考え方ではあるのかもしれない。
(2013.4.21)

|

« 「舟を編む」 | トップページ | 感想「史記 武帝紀(一)」 »

「小説以外の本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/57255588

この記事へのトラックバック一覧です: 感想「9条どうでしょう」:

« 「舟を編む」 | トップページ | 感想「史記 武帝紀(一)」 »