« ナビスコ杯予選L第3節東京対名古屋 | トップページ | セリーグ ヤクルト対DeNA(4/7) »

J1リーグ第5節柏対名古屋

2013.4.6(土) 17時 日立柏サッカー場
観客 8180人 主審 岡部拓人 副審 武田光晴、金井清一

 柏レイソル 3(2−1)3 名古屋グランパス  
       (1−2)

 得点 3分 名古屋・田中輝
    4分 柏・工藤
    14分 柏・レアンドロ ドミンゲス
    49分 名古屋・増川
    63分 柏・工藤
    71分 名古屋・玉田

 退場 45+1分 柏・栗澤(警告2回)

昨年のこのカードは国立開催だったので、日立台が改装後、来たのは初めて。嵐の予報だったが、雨は時々強まるものの、風はそれほどでも。過去にビジター柏戦で食らった悪天候に比べれば、まだマシな方(^^;)

開始3分に田口のCKから輝希がゴール。3試合続けて見ていて、輝希が試合ごとに段々よくなってくるように見えるのは、結構楽しい。
けれども、直後に右サイドを破られ、工藤に決められてあっさり同点。10分後にも右サイドから崩され、最後はレアンドロ。柏は週中に韓国で試合して帰ってきたとは思えないくらい、スピードがあって元気。うちらよりスピードもパス精度は2倍くらい上だわ、と思ったし、虐殺されるかも、とも思った。
でも30分くらいから柏はペースダウン。やっぱり疲労はあって、その分、元気なうちに主導権を握っておこうとしたんだろう。まんまとハマった名古屋。
ただペースダウンした柏に対しては、そんなに悪くない攻めは出来ていた。前半の最後の方で、柏に退場者が出たから、がっちり引いて守られてもうダメかも、とも思ったけど、後半序盤に田口のFKから増川が押し込んで同点。その後も、優勢に試合を運んでた。
…はずだったんだけど、15分過ぎくらいに、工藤のドリブルを何人もで囲い込んだのに止められず、シュートを許して失点。また先行される。でも、その後はさすがによく攻めて、30分くらいに、ゴール前での混戦を玉田が詰めて、また同点。
そこでさあ逆転といかないのは、予想通り(^^;)。逆に失点しかける場面も何度かあり、個人的にはどっちかといえば、引き分けられてほっとしたというか…。

数的有利なんだから、普通にボールを繋いでいけば、優位に試合を運べそうな気がするんだけど、日頃、そういうことをやってないから、結局、リスキーで出たとこ勝負なパス回しをやり続けちゃう。その結果、数的有利が全然優位に繋がらない。そんな感じ。別に今に始まったことでもない。

それでも、これくらいのチーム相手にこれくらいの試合が出来たというのは、開幕直後の真っ暗感を思えば悪くない。輝希に物になりそうな兆しが見えてるのがいいし、バックスもダニウソンも安定し始めてる気がする。あとは矢野キショーのゴールが欲しいな。
1898344342_232
1898304640_44
1898344342_50
1898304640_139

|

« ナビスコ杯予選L第3節東京対名古屋 | トップページ | セリーグ ヤクルト対DeNA(4/7) »

「名古屋グランパスエイト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3787/57126842

この記事へのトラックバック一覧です: J1リーグ第5節柏対名古屋:

« ナビスコ杯予選L第3節東京対名古屋 | トップページ | セリーグ ヤクルト対DeNA(4/7) »